北朝鮮の金桂冠氏「米国といつでも対座して問題解決する用意ある」

北朝鮮の金桂冠氏「米国といつでも対座して問題解決する用意ある」

2018年05月25日08時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官は25日、「朝鮮半島(韓半島)と人類の平和と安定のために全てのことを尽くすという我々の目標と意志には変わるところはなく、我々は常におおらかに開かれた心で米国側に時間と機会を与える用意がある」と明らかにした。

  金第1外務次官はドナルド・トランプ米国大統領が24日(現地時間)、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に送った公開書簡を通じて、6月12日に予定されたシンガポールでの米朝首脳会談を取りやめると発表したことについて、「委任により」談話を発表してこのように明らかにしたと朝鮮中央通信が報じた。

  金第1外務次官は「会って初めての酒に腹が膨れるはずもないが、一つずつでも段階別に解決していけば、今より関係が良くなりはしても悪くなることはないということを米国も深く熟考するべきだ」とした。

  続いて「我々はいつ、いかなる方式であろうと対座して問題を解決していく用意があることを米国側に改めて明らかにする」とした。「委任により」という文面は、通常、金正恩国務委員長の意向が入っていることを意味する。

  これに先立ち、トランプ大統領が24日(現地時間)、来月12日に予定されたシンガポール米朝首脳会談を電撃的に取りやめた。当初、韓半島(朝鮮半島)情勢をひっくり返す転機となることが期待された米朝首脳会談が白紙化する場合、米朝米関係はもちろん、南北関係に深刻な影響が及ぶ見通しだ。トランプ大統領はこの日、「金正恩国務委員長に送った書簡」で、「あなたの最近の談話で表れた大きな怒りと公然とした敵意を考えると、今の時点で長く準備してきた会談を行うことは適切でないと考える」と通知した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事