<平昌五輪>韓国警察、SNSで殺害の脅迫を受けたカナダ選手事件の捜査に着手

<平昌五輪>韓国警察、SNSで殺害の脅迫を受けたカナダ選手事件の捜査に着手

2018年02月16日07時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ブタン(24・カナダ)はSNSをすべて非公開に切り替えた。
  韓国警察がカナダのショートトラック選手キム・ブタン(24)のSNS等に脅迫性の悪質なコメントを書き込んだネットユーザーに対する捜査に着手した。

  江原(カンウォン)地方警察庁サイバー捜査隊はブタンのSNSなどに悪質なコメントを書き込んだ容疑(情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律違反)で容疑者1人を呼んで調査していると15日、明らかにした。

  この容疑者はブタンのSNSなどに繰り返し不安をあおる内容のコメントを書き込んだ容疑が持たれている。警察はまた、悪質なコメントを書き込んだ別のネットユーザーに対しても調査を行う方針だ。

  ブタンさんはショートトラック500メートル決勝で韓国の崔ミン禎(チェ・ミンジョン)の失格判定で銅メダルを獲得した。だが、一部のネットユーザーはブタンも崔ミン禎に対して反則を犯したと主張しながら競技直後にブタンのSNSを訪れてハングルと英語で悪質コメントを書き込んだ。

  ブタンのツイッターやインスタグラムなど個人ソーシャルメディアにはこのような悪質コメントが数千件つけられたことが伝えられた。ブタンはこれを受け、14日未明に自身のSNSアカウントをすべて非公開に切り替えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事