【コラム】韓国の歴史教科書、怠けた右派学者が負けた(1)

【コラム】韓国の歴史教科書、怠けた右派学者が負けた(1)

2016年12月19日11時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  不思議だった。大統領の弾劾を導いた「ろうそく名誉革命」のもう一つの話題だった国定歴史教科書の現場検討本に対する関心がこの程度しかないとは…。先月28日にオープンした国定教科書の公式ホームページ「正しい歴史教科書」にアクセスした国民数はこれまで7万人、閲覧回数は14万回だ。アクセス者一人当たりに2冊を見たわけだ。全国の教員が40万人、中高生は340万人、8回ろうそく集会までの参加人数が800万人という点を考えれば、アクセス者数が多い方ではない。

  何が原因だろうか。教育部は電子ブックの形で教科書(中学校1・2年生の歴史と高校の韓国史)を公開し、意見提出には身分確認を義務付けた。ところで、国定教科書そのものが正当でないから見る必要もないと思ったか、閲覧にも認証が必要だと勘違いしていたのではないかと思う。だが、前向きにとらえられるのは公論の場ができたということだ。保守と進歩が競争するように討論会を開いている。保守が後れを取っている局面だ。進歩は市民団体と教育監が一丸となって国定教科書の問題点を一つひとつ批判している。2013年、ニューライトが作った検定教学社教科書事態とそっくりだ。検定の偏向性が是正され、内容も充実になったという保守の主張は説得力に欠けている。建国節をめぐる論議をはじめとした安昌浩(アン・チャンホ)先生の肩書や金弘道(キム・ホンド)の写真などに間違いが続出している。教育部を盾として右派学者同士が急いで執筆した結果だ。

  名望のある学者に尋ねてみると、自業自得と言われた。匿名を前提に聞いた話は以下のような内容だった。「右派が結局、負けた。国定教科書の既得権に乗って怠けていたところ、左派から集中砲火を受けたといえる。朝鮮時代の王も史草をいじることはできなかったが、歴史を父親の時代に遡ろうとする朴槿恵(パク・クネ)大統領に同調したツケが回ってきている。右派はこれまで上座に居座っていた。朴正熙(パク・ジョンヒ)政権が1974年、国定教科書に変えたおかげで約30年間の特権を享受してきた。国史編纂委員会・韓国学中央研究院・韓国古典翻訳院・東北亜歴史財団などを牛耳り、国定教科書に自分たちが書いた内容が入ることに満足し、手をこまぬいていた」

  的を射た診断のようだった。一方、左派学者はどうだったか。片方に押し出されている間、熱心に研究して弟子を育て、臥薪嘗胆の思いでやってきた。そんななか、機会をつかんだ。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2003年に高校韓国近現代史が検定に転換され、李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2011年に中等歴史教科書が完全検定体制に変わる時、執筆陣として大勢参加することができた。温室の右派は執筆の原稿料が300万ウォン(約29万円)に過ぎないと背を向けたが、左派は積極的だった。

【コラム】韓国の歴史教科書、怠けた右派学者が負けた(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事