トランプ氏、金桂冠氏威嚇の時に怒り…崔善姫氏のペンス氏侮辱に爆発(1)

トランプ氏、金桂冠氏威嚇の時に怒り…崔善姫氏のペンス氏侮辱に爆発(1)

2018年05月25日07時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場を廃棄する場面を見せた24日、ドナルド・トランプ米大統領の米朝首脳会談中止発表は奇襲・電撃的だった。トランプ大統領は22日、韓米首脳会談で「一定の条件が満たされなければ会談しない」と述べ、23日には「来週に知ることになる」と述べていたが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との6月12日のシンガポール会談の可能性はまだ残したままの状態だった。会談成功の可能性を99.9%と言っていた韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)も当惑に陥った。

  トランプ大統領がこの日、金委員長に送った所感に基づいてみると、会談中止は最近金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官と崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の相次ぐ談話が決定的な理由になったとみられる。「会談を行うにはこの時期は不適切」としながら「北朝鮮が最近の声明で表した大きな怒りと公然とした敵意」を挙げた。

  今月16日、金桂冠第1外務次官はジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の「リビア式核廃棄案」に反発して「米朝首脳会談を再考慮するほかはない」と明らかにした。ワシントン外交消息筋は「トランプ大統領はこれを聞いて、すぐにマイク・ポンペオ国務長官に北朝鮮の真意を確認するよう指示し、ポンペオ長官は米朝ホットラインを通じて北朝鮮に連絡を取ったが北朝鮮が応じなかった」と伝えた。トランプ大統領はこの時、激怒したという。

  トランプ大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米を控えた20日に、文大統領に電話をかけて20分間行った会談を通じて北朝鮮声明の背景を尋ねたのもこのためだ。だが、この電話会談でもはっきりとした手応えが得られなかったため、トランプ大統領は焦燥感をにじませた。韓米首脳会談が終わった後、24日に崔外務次官がマイク・ペンス副大統領を「無知蒙昧」「足りない間抜け」などの低劣な言語で公開非難すると「到底許しがたいこと」と言って爆発した。トランプ大統領は最後にボルトン補佐官と相談し、ここで一旦中止の書簡を送ることで結論を出したという。

  トランプ大統領は金委員長に送った所感で軍事的オプションも再び取り上げた。トランプ大統領は「あなたはあなたの核能力を自慢するが、我々の核兵器は非常に大きく強力だ。私はこれを使わないで済むことを神に祈っている」と警告した。

トランプ氏、金桂冠氏威嚇の時に怒り…崔善姫氏のペンス氏侮辱に爆発(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事