<人生と追憶>美味しい店を求めて天国ヘ行った日本漫画界の巨匠、谷口ジロー氏

<人生と追憶>美味しい店を求めて天国ヘ行った日本漫画界の巨匠、谷口ジロー氏

2017年02月13日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界的な日本漫画家、谷口ジロー(谷口治郎)氏が11日、東京で病気により死去した。69歳。この日、共同通信は谷口氏死去のニュースを伝え、葬儀・告別式は親族のみで行われる予定だと報じた。

  韓国における谷口氏の代表作は『孤独のグルメ』。雑貨輸入店を営む中年男性・井之頭五郎が、日本各地の大衆飲食店で食事をする様子を描いた作品だ。「誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが、現代人に平等に与えられた、最高の癒しといえるのである」。周辺の視線を気にせず、一人飯を楽しむ主人公・井之頭の姿は、人生に疲れた日本人の間で「一人飯・一人酒」ブームを巻き起こした。韓国・イタリアなど世界各国で翻訳紹介されたこの作品は、日本では2012年にテレビドラマとしても制作され、6年間放映が続いている。

  1947年、鳥取県に生まれた谷口氏は71年『嗄れた部屋』でデビューした。『銀河鉄道999』や『キャンディ・キャンディ』など青少年を対象にした漫画が主流だった当時、谷口氏は平凡な日本人の生き方を淡々と、かつ抒情的に描き出して独自の境地を切り開いていった。

  谷口氏の独特の作品世界は、日本国内よりも海外で多くの注目を浴びた。谷口氏は2005年にエベレスト登山家の生き様を描いた『神々の山嶺』で世界最大の漫画フェスティバル「アングレーム国際漫画」で最優秀デザイン賞を受賞したほか、2010年「ルッカ・コミック&ゲーム展」では最高栄誉の「マエストロ・デル・フメット」(漫画の巨匠)を受賞した。2011年にはフランス政府から芸術文化勲章「シュヴァリエ章」を贈られた。谷口氏は勲章受賞後のインタビューで「(欧州評論家が)娯楽性の高いもの以外にも、地味だけど文学性の高いマンガもあるんだ、って発見してくれた」と述べていた。

  谷口氏の作品を出版したフランスの出版社カステルマンは11日、「作品に比べて作家自身はそれほど有名ではないが、谷口氏は非常に親切で温和な人だった」と哀悼した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事