<平昌五輪>日本の「防寒準備物」…「日本人の決定不安が完ぺき主義に」(1)

<平昌五輪>日本の「防寒準備物」…「日本人の決定不安が完ぺき主義に」(1)

2018年02月16日07時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本外務省が作成した平昌五輪防寒対策に関する文書。平昌の防寒対策として、準備物が細かく列挙されている。
  #1.平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開幕前から日本外務省が配布している韓国に対する安全案内リーフレットが問題になった。韓国を一言で「犯罪が多く寒い国」と描写した表現のためだった。

  問題になった資料は日本外務省と駐韓日本大使館が昨年末から配布しているA4用紙27枚分の「2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック安全の手引き」。この序文から「江原道は、韓国内で最も寒い地域であり、大会期間中の2月、3月は夜間にマイナス20度近くまで冷え込むこともあります。このため,観戦に当たっては万全の防寒対策をとるようにしてください。(中略)また、韓国における犯罪発生率は日本よりも高いことから、競技会場周辺での窃盗や置き引きなどの被害に遭わないようご注意ください」という文言がはいっている。

  表紙を含めて全27ページに達する詳細内容の途中に「殺人が日本の約2.5倍、強盗が約1.2倍,強姦が約13倍、強制わいせつが約6.4 倍となっています」という内容も論争を呼んだ。だが、韓国人とは違い、日本人の間で話題になったのは別途作成された防寒対策の文書だった。

  「風が吹くと、体感温度は実際の温度より5度以上低く感じます。このため、競技観戦に当たっては万全の防寒対策をとるようにしてください」と始まる関連の指針は20個近い準備物リストを「参考」として提示している。▼耳付きニット帽/目出し帽▼イヤーマフス▼マスク▼ネックウォーマー▼フード付きダウンジャケットフード型ダウンジャケット(※ジャケットの下にはヒートテック、フリース等の素材によるレイヤールック要)▼厚手の手袋(スキー用等)▼風防ズボン▼ロングジョーンズ(腰下インナー)▼ウールソックス/レッグウォーマー▼防寒ブーツ/防寒オーバーシューズ▼カイロ(含:足用、要すれば充電バッテリー用のカイロも)▼膝掛け毛布▼ホットドリンク用の保温力の高い水筒/ポット(ただし、開会式・競技会場への飲料、タンブラー、ガラス容器の持ち込みは禁止)▼携帯電話の充電バッテリー--。

  ソウルに滞在中のある日本人は「大使館次元でこのような準備物を提示するなど、防寒対策を研究しているところがやはり日本らしい」とし「防寒対策を万全にするよう呼びかける大使館の意図とは裏腹に、このような情報を見た日本人は極寒の韓国に行きたいとは思わないようだ」と話した。

  「日本は準備を徹底する国か、そうでなければオーバーな国か」に対する論争は今更のことではない。

<平昌五輪>日本の「防寒準備物」…「日本人の決定不安が完ぺき主義に」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事