韓国、輸出も物価も数値は春なのに…

韓国、輸出も物価も数値は春なのに…

2017年04月05日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  はっきりとした春だ。冬の間身をすくめていたレンギョウのつぼみが開いた。だが一方で粒子状物質の空襲がこの春を荒廃させる。春はきたが「春」と大声で呼ぶことはできない状況だ。韓国経済はこの春の風景に似ている。

  最近主要経済指標が好転し長かった景気低迷期が終わろうとしているのではないかとの観測が提起されている。だが反動効果などにともなう一時的な錯覚現象という反論も少なくなり。統計庁が4日に明らかにしたところによると、3月の消費者物価指数は前年同月比2.2%上昇した。2012年6月の2.2%から4年9カ月ぶりの高い数値だ。景気低迷が長引きともに底をはっていた消費者物価指数上昇率は1月に2.0%に上がり2月にも1.9%の上昇率を記録した。今年に入ってはっきりと上昇傾向を示している。生活物価指数も3月に前年同月比2.8%上昇し2012年1月の3.1%以降で上昇率が最も高かった。

  物価は景気と密接な関係がある指標だ。景気が良くなり消費が増加して商品とサービスに対する需要が増えれば自然に物価が上がることになる。物価上昇を景気回復のシグナルとみることができるという意見が出てくる理由だ。

  物価だけではない。2015年と2016年の連続でマイナス成長を記録した輸出は昨年11月に前年同月比で増加に反転すると今年3月まで5カ月連続で増加した。3月の輸出額は489億ドルで前年同月比13.7%増加し、2年3カ月来の最大金額を記録した。

  消費回復はさらに喜ばしい。これまで輸出が善戦しても内需が回復せず景気回復動向は「中途半端」とみなされた。消費が回復しなければ所得増大と生産増加につながる経済の好循環が難しくなるためだ。小売り販売(消費)は前月比で昨年11月から3カ月連続減少傾向を見せ2月には3.2%の増加に反転した。3月の消費者心理指数(CCSI)も96.7で、昨年10月以降で最高値を記録した。2カ月連続の上昇でもある。全般的に消費心理が回復しているのではないかとの期待感を与える指標だ。

  韓国経済と密接な関係がある国際経済状況も好転の兆しを見せている。国際通貨基金(IMF)は先月中旬に発表した「G20監視報告書」で米国と中国、日本、欧州連合(EU)など主要地域の経済成長見通しをすべて上方修正した。

  それでも景気回復を速断するのは早い。実際の各種指標には肯定的なシグナルと否定的なシグナルが入り乱れている。まず生産が後退した。昨年11月から今年1月まで3カ月連続で増加した前月比の産業生産が2月には0.4%減少した。前月比の設備投資も増加が続いたが2月にマイナス8.9%という大幅の減少を記録した。

  一部指標の好転が庶民の景気には何の影響を及ぼしていないという指摘も出ている。

  国際経済の側面からも好材料だけあるのではない。15日ごろと予想される米国の為替相場操作国発表、韓米自由貿易協定(FTA)再協議などは現実化する場合にはメガトン級の波紋を呼び起こす悪材だ。専門家らも景気低迷終了を宣言するのは早いという意見を出している。西江(ソガン)大学経済学科のキム・ヨンイク教授は「最近になり景気が改善したのは事実だが、流れが持続するかは未知数」と話した。

  現代経済研究院のホン・ジュンピョ研究委員は「輸出は今後も当分改善が続くとみられるが、消費回復は反動効果による一時的な現象。住宅不安、雇用不安、老後不安など構造的問題が解決されなくては景気回復は論じにくい」と話した。

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事