観光客の趣向に合わせたら財布が開いた(1)

観光客の趣向に合わせたら財布が開いた(1)

2009年06月16日09時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国内最大規模の「KCTA2009デジタルケーブルテレビショー」が4日から7日まで大田(テジョン)コンベンションセンターで開かれた。大田市はこの行事に10万人の観光客が集まり、40億ウォン(約3億1000万円)の消費効果が得られ、地域経済活性化につながったとみている。

  このように消費が増えたのは個別対応型サービスで観光客が財布を開くよう誘導したためだ。大田市はデジタルケーブルテレビショー開幕2カ月前から参加団体と個人に大田地域の宿泊施設や飲食店の情報を提供した。儒城(ユソン)地域のホテルの場合、周辺の韓国料理店・中華料理店・洋食店を詳細に紹介し、観光客が自分たちの好みに合った店を訪ねられるようにした。

  大田市文化産業課のパク・ヨンビョン課長は、「単純な観光よりは財布を開かせる個別対応型サービスを今回の行事で初めて行った結果、相当な効果を得た」と話す。今年は20余りの国際・国内行事を開催する大田市が地域経済を活性化させるため行事参加者別の個別対応型サービスに乗り出す。

  ◆個別対応型サービス=国際会議など主要行事の際に大田を訪問する国別観光客の趣向を事前に把握し、それに合わせた宿泊施設、飲食店、娯楽、体験など観光コースを開発するというのが大田市の方針だ。大田市は観光客が国楽など公演への要望があれば宿泊施設だけでなくどこにでも訪ねていく公演も計画している。

観光客の趣向に合わせたら財布が開いた(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事