【時視各角】時代により変わるサムスンのS級人材(1)

【時視各角】時代により変わるサムスンのS級人材(1)

2016年08月22日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年初めに会ったサムスン電子の権五鉉(クォン・オヒョン)副会長は「私の名前のように5年先を見通して毎日生きてきたので副会長にまでなった」と話した。彼は自身の専攻である半導体は5年後にも1位だと自信を見せた。だが「スマートフォンは5年どころか1年先も予想しにくい」と深刻な顔だった。「ギャラクシーの運命はiPhoneと中国に聞け」という言葉がある。それだけスマートフォンの実績は相対的だ。アップルがどんなiPhoneを出すのか、中国企業がどれだけ追いついてくるかわからないためだ。

  先週サムスン電子の株価が過去最高である167万ウォン(約15万円)を突破した。上半期にギャラクシーS7が2600万台も売れ、下半期にはノート7の大ヒットの兆しのおかげで今年に入り37.8%も上がった。これに対しアップルの株価は足踏み状態だ。史上初めてiPhoneが2四半期連続で販売が減り、9月のiPhone7に対する市場の反応も鈍い。iPhoneの部品供給基地である日本と台湾のメディアは「アップルがiPhone7の部品の注文量は減らし納品単価は叩いている」として悲鳴を上げる。

  ギャラクシーノート7は虹彩認識と防水機能、強化されたSペンを誇る。だがiPhone7を圧倒する「ゲームチェンジャー」とは違う。それでもギャラクシー熱風はどこから始まるのだろうか。まず世界の主要通信会社が強固な援軍だ。iPhoneの横暴に疲れた彼らにはアップルの横暴を牽制する対抗馬が切実だ。一般的に携帯電話補助金は移動通信会社のマーケティング費用と端末メーカーの奨励金で構成される。世界的移動通信会社には現金が豊富なサムスンギャラクシーがiPhone対抗馬であり共同マーケティング パートナーとしてあつらえ向きだ。

  もうひとつの秘密はサムスンの部品と製造能力だ。アップルは常に3社以上の部品メーカー(ベンダー)を置き、人為的に注文量を調節して納品単価引き下げを圧迫する。また、安定性が検証された汎用部品だけを使い、フォックスコンなど外部企業に組み立て生産を委託する。これに対しサムスンはハードウェア競争力のため通常iPhoneより部品原価が7~15%高い先端部品を採用する。また、核心部品生産と組み立てを独自に抱える。サムスンの製造能力はそれだけ重要だ。昨年のギャラクシーS6の失敗も需要が集中した「エッジ」の曲面画面の歩留まりが思わしくなかったためだ。

【時視各角】時代により変わるサムスンのS級人材(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事