「火災の恐れ」ポルシェ・パナメーラ2808台リコール…ホンダ・オデッセイなども対象=韓国

「火災の恐れ」ポルシェ・パナメーラ2808台リコール…ホンダ・オデッセイなども対象=韓国

2019年05月23日13時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
火災の恐れがありリコールされるポルシェ・パナメーラ。(写真上=国土交通部提供)、燃料パイプ損傷、火災の恐れがありリコールされるホンダ・オデッセイ(写真下=国土交通部提供)
  1台が1億-2億ウォン台のスポーツセダン、ポルシェ「パナメーラ」2808台が、火災の恐れがあるとして6月からリコール(是正措置)に入る。また、エンジンまたはモーターが停止する恐れがあるホンダの大型SUV「オデッセイ」とBMWの電気自動車もリコール対象に指定された。

  韓国国土交通部は23日、ポルシェ、ホンダ、プジョー、ボルボ、BMW、FCA(フィアットクライスラー)など6つの輸入自動車ブランドの12モデル・4197台で製作上の不具合が見つかりリコールが行われると明らかにした。

  ポルシェコリアが輸入・販売したパナメーラ(970)2808台の場合、エアコン送風機制御装置シーリング(密封部分)の間から水分が流入し、内部回路のショートによる火災発生の恐れが確認された。該当車の所有者は6月3日からポルシェ公式サービスセンターで無償で臨時措置作業を受けることができる。改善された部品が7-9月期に供給されれば交換も行われる予定だ。

  ホンダコリアが輸入・販売したSUV「オデッセイ」「パイロット」880台ではタイミングベルトのcogsが適正強度を確保できず、破損と共にエンジンが停止する恐れがあることが確認された。ホンダコリア公式サービスセンターは今月29日から該当車を無償点検をし、必要なら部品を交換する予定だ。

  ジープ・レネゲードBV(エフシーエイコリア輸入・販売)440台の場合、乗員保護コントローラーモジュールと通信エラー(誤った命令語伝達)のためエアバッグが開く恐れがある。このため24日から乗員保護コントローラーモジュールのプログラムアップグレードが無償で行われる。

  韓仏モータースが輸入・販売したプジョー508 2.0ブルー(Blue)HDiなど6モデル・35台もリコール対象だ。インジェクターレールと連結した高圧燃料パイプのナットが規格に合わず燃料パイプ損傷、火災の恐れがある。プジョーサービスセンターは13日からすでに無償部品交換を行っている。

  ボルボ自動車コリアのXC90(22台)は冷却水ホースの漏水、BMWコリアのi3 94ahLCI(12台)は動力制御装置EME(Electric Motor Electronics)の回路基板不良による駆動モーター電源供給遮断の恐れがあり、それぞれリコールに入る。ボルボは20日からリコールに着手、BMWは24日から部品交換を始める予定だ。

  一方、リコール施行前に自動車所有者が自費で修理した場合、製作会社に修理費用補償を申請できる。リコールの案内はポルシェコリア(02-2055-9110)、ホンダコリア(080- 360-0505)、エフシーエイコリア(080-365-2470)、韓仏モータースプジョー(02-3408-1654~1657,1667)、ボルボ自動車コリア(02-1588-1777)、BMWコリア(080-269-5005)顧客センターで受けることができる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事