米FBI、平昌五輪に9・11対テロ要員30人を派遣

米FBI、平昌五輪に9・11対テロ要員30人を派遣

2017年12月19日10時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米FBI、平昌五輪に9・11対テロ要員30人を派遣
  米連邦捜査局(FBI・Federal Bureau of Investigation)所属の対テロ要員30人が来年1月、訪韓する。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に関連したことだ。一種の「五輪対応チーム」であるわけだ。

  匿名を求めた韓国政府の高位関係者は18日「FBI要員が韓国に入国して一時的に対テロ業務などを遂行することになる」と話した。彼は「入国の時期は1月中旬以降だ。セキュリティー上、正確な時期は明らかにできない」と話した。平昌五輪の日程(2018年2月9~25日)を考えれば、1月末にFBI要員が訪韓するものと予想される。

  韓国に来るFBI要員は、9・11テロなど大型事件に直接関与した経歴20年以上の専門情報分析要員と現場要員だという。政府関係者は「入国する要員の規模は様々な国内外安保状況によって変わる可能性がある。さらに増えるかもしれないという意味だ」と話した。

  米国の核心的捜査およびセキュリティー機関であるFBIは主に米国内のテロ攻撃やスパイ行為、サイバー犯罪、組織・暴力犯罪などを扱う。FBIは自国民が参加する国際行事・大会(五輪も含む)にテロ脅威などがあると判断される場合はFBI要員を派遣してきた。2012年ソチ冬季五輪や2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ夏季五輪にもFBI要員を派遣した。韓国捜査当局関係者は「国内行事にこのように多くの米国要員が入国した前例はない。米国政府が平昌五輪に参加する自国選手の安全問題に対する心配が大きいようだ」と話した。FBI要員の大規模訪韓は北朝鮮の発安保危機、米国とイスラム圏の対立が高まっている局面が考慮されたと分析される。ドナルド・トランプ米大統領は最近、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言し、イスラム圏の反発を呼んだ。韓国政府関係者たちはFBI要員が韓国でテロ対応連携より自国選手を保護する活動に重点を置くものと見られる。

  6日(現地時間)、ニッキー・ヘイリー米国連大使は米FOXニュースとのインタビューで「米国選手たちの平昌五輪への参加が既成事実なのか」という質問に「これは我々が米国人をどのように保護するかに関すること」として即答を避けた。

  このため、米国が平昌五輪への参加を躊躇しているのではないかという見方が出たこともある。これを受け、青瓦台(チョンワデ、大統領府)側が「米国がまだ公式発表をしていないだけで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の電話会談でも明らかに平昌五輪への参加を約束した」として収束に出た。

  韓国大検察庁関係者は「外国捜査要員の活動範囲などを法律的に確認している」と話した。訪韓したFBI要員が韓国政府とテロ関連情報を共有したり、自国選手に対するテロを韓国側と協調して防いだりするレベルを超えて自主的に情報収集活動をする場合、両国間の摩擦につながる可能性もある。

  最高検察庁公安部は先月、FBI(ロサンゼルスおよびニューヨーク支部)捜査官らと共に「米国テロ事件の捜査実務教育」をテーマにセミナーを開いた。検察関係者は「サイバーテロを通じて中継放送が切れる状況など、様々なシナリオを仮定して関連機関らと対応策を立てている」と話した。警察も先月、FBI科学捜査専門要員6人を招請して現場鑑識能力を強化する教育を実施した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事