安倍首相、訪日の韓国政治家を「椅子」で格下げ?

安倍首相、訪日の韓国政治家を「椅子」で格下げ?

2017年12月19日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表が14日午後、東京の首相官邸で安倍晋三首相と会談した。洪代表の椅子の高さが安倍首相の椅子よりも低い。(写真=自由韓国党)
  安倍晋三首相が韓国など海外政治家に会う時に低い椅子に座らせ、相手の格を下げようとしているという疑惑が韓国の政界で広まっている。14日に野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が安倍首相と会った際、低い椅子に座っている写真が論議を呼んだからだ。同じ日、アントニオ・グテーレス国連事務総長は安倍首相の椅子と同じ高さの椅子に座って対話をした。

  宋永吉(ソン・ヨンギル)共に民主党議員は18日、ラジオ番組のインタビューで、安倍首相が意図的に洪代表より高い椅子に座ったのではという質問に対し、「洪準杓代表は真の自主外交、堂々外交をするのなら、それ(椅子の高さ)から考えるべきだった」と主張した。

  椅子の高さを変える日本首相官邸の巧妙な『椅子外交』は韓国の与野党政治家を相手に区別なく続けてきた方式だ。丁世均(チョン・セギュン)国会議長は6月8日、安倍首相に会い、韓日関係改善案などについて議論した。当時、東京の首相官邸で行われた会談を数時間後に控え、会談場所を事前に点検した国会議長室の関係者はおかしな椅子の配置に気づいた。丁議長と安倍首相が座る椅子の高さが違うという点だ。

  丁議長室の関係者は18日、中央日報との電話で「安倍首相が高いところに座って丁議長を見下ろす形になるが、これに気づいて驚いた」とし「対外的に韓国立法府の首長である国会議長より日本政府を指揮する安倍首相の格が高いという印象を与えかねないため、椅子の問題が気になるしかなかった」と話した。続いて「当時同行した与野党の議員も椅子の高さについて『国格の問題』と指摘した」とし「このような形では安倍首相に会うのが難しいと日本側にはっきりと伝えた」と説明した。結局、日本側は丁議長と安倍首相が座る椅子を同じ高さに合わせた。

  日本首相官邸の「椅子外交」は丁議長との会談以前にもあった。5月18日に文喜相(ムン・ヒサン)民主党議員が特使として安倍首相に会った際、低い椅子に座っていた場面が公開され、外交的欠礼ではという声が出てきた。

  当時、文議員が座った椅子は洪準杓代表が座った椅子と似た高さだ。安倍首相の椅子配置に関し、政界では「韓国側の人が座る椅子は沈んだように見え、安倍首相は高いところから見下ろすような姿が演出されるが、日本が意図するものではないだろうか」という声が出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表が14日午後、東京の首相官邸で安倍晋三首相と会談した。洪代表の椅子の高さが安倍首相の椅子よりも低い。(写真=自由韓国党)
  • 6月8日、丁世均(チョン・セギュン)国会議長が安倍首相に会い、両国の懸案について意見を交わした。会談前、丁議長の椅子が低いことに気づいた議長室の関係者が日本側に要求し、安倍首相と同じ高さの椅子に変わった。(写真=国会議長室)
  • 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使の文喜相(ムン・ヒサン)共に民主党議員(左)が5月18日午前、東京首相官邸で安倍晋三首相と対話している。文議員が低い椅子に座っている。(写真=在日韓国大使館)