「日本、軍艦島朝鮮人強制労働を知らせよ」…ユネスコ決定文が採択

「日本、軍艦島朝鮮人強制労働を知らせよ」…ユネスコ決定文が採択

2018年06月28日07時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日帝強占期に海底に埋まっている石炭を掘り出すために韓国人600人が強制労働させられた軍艦島。公式名称は端島だが、佇まいが軍艦とそっくりなため軍艦島とも呼ばれている。(写真=中央フォト)
  国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会が3年前に世界遺産に登録された「軍艦島」など日本産業施設で行われた朝鮮人強制労働など「全体の歴史」を知らせるよう再度促した。

  韓国外交部によると、世界遺産委員会は27日(現地時間)、バーレーン・マナマで開かれた会議で、明治日本の産業革命遺産の世界遺産登録後続措置履行について検討しながらこのような内容を盛り込んだ決定文を採択した。

  日本政府は2015年7月、世界遺産委員会会議から「軍艦島」と呼ばれる端島を含む日本近代産業施設23カ所が世界遺産に登録された時、「1940年代、数多くの韓国人とその他国民が本人の意志に反して動員され、強制的に労役させられた」ことを認めて「犠牲者を悼むための措置を取る」と約束した。世界遺産委員会は当時、韓国人強制労働を含めた「全体の歴史」を理解できる解釈戦略を用意するよう勧告した。

  世界遺産委員会はこの日、「2015年決定文」を想起させながら日本政府に対して「全体の歴史解釈において国際模範事例を考慮せよ」と強く促した。

  また、日本が「2015年決定文」を忠実に履行するよう求めながら、当事国間の持続的な対話を促すという内容が今回の決定文に含まれた。

  山田滝雄ユネスコ日本大使は「犠牲者を悼むための措置を取るという約束を履行する」とし「今回の決定文に含まれたすべての勧告事項を履行していくという意志を再確認する」と明らかにした。

  政府は「日本側が2015年決定文を忠実に履行するように積極的に協議していく」とし「世界遺産委員国および関連機構などの国際社会とも緊密な協力を維持していく予定」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事