韓国造船業界、世界発注49%減もトップ維持

韓国造船業界、世界発注49%減もトップ維持

2015年07月03日17時13分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年上半期、世界の船舶発注量が半分に減ったが、韓国造船業界は世界1位を維持したことが分かった。

  国際造船・海運市況分析機関クラークソンリサーチによると、2015年上半期の韓国造船業界の受注量は592万CGT(標準貨物船換算トン数)と、前年上半期の96%水準を維持し、トップを守った。

  2位は受注量268万CGTの日本、3位は256万CGTの中国。中国造船業界は受注量が前年同期の5分の1ほどに減り、2005年以来初めて日本と順位が入れ替わった。

  今年上半期の世界船舶発注量は1328万CGTと、前年同期(2699万CGT)の49.2%にすぎなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事