競争激化する世界自動車市場、1位はトヨタ…先頭集団から遠ざかった韓国勢

競争激化する世界自動車市場、1位はトヨタ…先頭集団から遠ざかった韓国勢

2015年04月28日15時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世界の自動車市場でトヨタ自動車と独フォルクスワーゲン(VW)、米ゼネラル・モーターズ(GM)の先頭集団の競争が激しい展開を見せている。

  28日、韓国自動車産業研究所などによると、今年1-3月期におけるトヨタの販売台数は前年同期比2.5%減の252万台で、249万台を記録したVWをわずか3万台上回り、かろうじて1位を維持した。昨年初めて1000万台販売を突破して3年連続年間販売台数1位を占めたトヨタは、昨年も9万代の差でVWをかわしていた。

  GMは今年1-3月期に242万台を販売して3位を記録しているが、2位との差は7万台にすぎない。

  半面、同時期における現代起亜車は現代車118万台、起亜車75万台など昨年同期比3.2%減の計193万台を販売して先頭集団から遠ざかっている状態だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事