世界は電気自動車100%時代へ…遅れを取る韓国(1)

世界は電気自動車100%時代へ…遅れを取る韓国(1)

2017年09月21日15時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
メルセデスベンツの電気自動車「EQ A」。(写真=各社)
  「スーパーカーの時代」が過ぎ去っていく。今年の独フランクフルトモーターショーで「今夜の主人公」という評価を受けたのは、数億ウォンのラグジュアリーカーでも1000馬力を誇るスーパーカーでもなく電気自動車だった。クリーンディーゼルに没頭してきたドイツのメルセテスベンツ、BMW、アウディ-フォルクスワーゲンはもう最も多くの電気自動車で舞台を飾っている。英国・フランス・ノルウェー・インドなど政府も我先にと政策的に「ガソリン・ディーゼルエンジンの終息」を宣言している。韓国より自動車技術がはるかに遅れていると認識されてきた中国さえも2040年にはこれに加わるという計画を立てている。現在、電気自動車競争で韓国は孤立した状況だ。

  『誰が電気自動車を殺したか?』(Who Killed the Elictric Car?)。2006年のサンダンス映画祭を輝かせたクリス・ペイン監督のこのドキュメンタリーは、米ゼネラルモーターズ(GM)が1996年に発売した電気自動車EV1の苦戦を描いた。この自動車の葬儀の場面で始まるドキュメンタリーで、ペイン監督は自らの産業を保護しようとする巨大石油化学企業とエンジンオイル企業の政界ロビー活動のためにEV1が廃車場に送られたと説明した。ペイン監督は5年後の2011年、電気自動車をテーマにしたもう一つのドキュメンタリーを制作した。『電気自動車の復讐』(Revenge of the Electric Car)。GMの黒歴史を背にテスラという復讐の化身が登場する内容だ。テスラの創業者イーロン・マスク氏は一躍「ゲームチェンジャー」に浮上した。電気自動車の成長を阻止してきた石油化学業界はもちろん、環境問題に関心が低い国も、これ以上は変化を拒否できなくなった。

  ◆中国、電気自動車を7大新成長動力産業に選定

  世界最大の自動車市場に成長した中国さえも大きな変化の兆候を見せている。中国では昨年、新車が約2803万台売れた。世界全体の販売台数(約8400万台)の3分の1にのぼる。香港サウスチャイナモーニングポストによると、中国工業情報化省の辛国斌次官は9日、天津で開催された「2017中国自動車産業発展国際フォーラム」で、化石燃料自動車の生産・販売を中断するための日程表を準備中と述べた。中国では昨年、電気自動車とプラグインハイブリッド車(PHEV)が計53万6000台売れ、この部門の販売トップになった。

  すでに多くの国がガソリン・ディーゼル車の生産を中断する「アラーム時計」を2025-2040年に合わせている。2040年には英国・フランス・インド・ノルウェーでガソリン・ディーゼル車を購入することができない。

  世界人口2位のインドのガドカリ道路交通相は7日、インド自動車製造協会(SIAM)が主催した行事で、2030年からはインドでは電気自動車だけを販売するという政府の方針を改めて再強調した。英国は7月、2040年からはガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると発表した。フランスも同じだ。ドイツのメルケル首相は2020年までに電気自動車を100万台普及させると明らかにした。ノルウェー政府は最も確実な目標を設定している。2025年に販売される乗用車とバンは炭素の排出があってはならないと強調した。ノルウェーは現在も世界で電気自動車の比率が最も高い国だ。国際エネルギー機関(IEA)によると、これらの国のほかオーストリア・デンマーク・アイルランドなどが電気自動車販売の国家目標を設定している。米国は連邦レベルの政策を推進していないが、少なくとも8州が目標を設けている。

  一方、自動車生産台数6位の韓国の動きは存在感がない。世界的な環境政策に合う化石燃料使用制限時点の発表は言うまでもなく、電気自動車普及計画もみすぼらしい。文在寅(ムン・ジェイン)政権は任期(2022年)内に35万台まで電気自動車の普及を拡大するという目標を明らかにした。国政企画諮問委員会が7月19日に国政運営5カ年計画を通じて発表した内容だ。これは今年上半期の国内自動車登録台数(2200万台)基準で1.5%にすぎない。しかしこれも達成は難しいという反応が多い。

  まず電気自動車の普及拡大のための充電インフラが大きな問題に指摘される。環境部によると、韓国内に設置された充電スタンドは8月30日基準で1992個にすぎない。一般住宅でも充電可能だが、電気料金累進制と専用ケーブル設置問題が障害だ。特にマンションが多いため車が駐車場に集まっている韓国では家庭式充電をどのような方法で解決するのか、これという方策がない。

  何よりも韓国自動車企業の技術力と意志が海外企業に比べて低いのが問題だ。今年のフランクフルトモーターショーは各ブランドの「電気自動車自慢」の場だったが、現代・起亜車はこの分野で注目を引くような車を出せなかった。特に最近、排ガス不正「ディーゼルゲート」で苦しんでいるアウディ-フォルクスワーゲンとメルセデスベンツ、そしてBMWがブースを電気自動車で飾り、この市場を牽引すると宣言した。

世界は電気自動車100%時代へ…遅れを取る韓国(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事