国連、日本の慰安婦問題への取り組みを批判…評価引き下げ

国連、日本の慰安婦問題への取り組みを批判…評価引き下げ

2017年07月26日10時48分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連が、日本政府の慰安婦問題解決に対する取り組みを評価する等級を、事実上、引き下げたことが分かった。

  韓国メディアのKBS(韓国放送公社)などは26日、市民的・政治的権利に関する国連の人権規約委員会が2014年7月、日本の市民・政治自由規約履行事項を審査した最終報告書で、慰安婦問題を日本政府が公開謝罪するように求めながら、関連者の処罰、被害者名誉の毀損防止などを勧告したが、その後2回の会議で勧告履行評価が引き下げられたと報じた。

  報道によると、昨年3月、日本政府の回答を反映した第116回会議の時、委員会は日本政府の後続措置を「部分的満足」を意味するB2と評価した。B2は、最初の措置は講じられたが追加情報と持続的な措置が必要な場合に下される評価だ。当時の評価は、2015年12月28日に締結された韓日慰安婦合意を反映した側面が大きかった。

  委員会は昨年6月、12月に日本政府からの追加回答を受けて、今月の第120回会議ではB、Cと判断した。委員会は韓日慰安婦合意に含まれた日本政府の10億円拠出の部分に対してはBと評価しながらも、関連者の処罰、賠償、証拠公開、政府謝罪などに対してはCと評価した。委員会は「勧告事項の履行に関連して新たな情報がない」とし「被害者の侮辱を処罰する手段に関連した情報不十分も遺憾に思う」と明らかにした。委員会はまた「(加害者を)処罰する問題は考慮しないでいるという日本政府の対応を遺憾だと考える」とし、被害者侮辱への処罰、過去の歴史教育などに関連した追加情報を要求した。

  Cは「満足できない」とする評価で、委員会の勧告事項に答えたものの、不充分であるか勧告事項に関係がない内容である場合に下される評価だ。委員会は後続措置をA・B・C・D・Eに分けて評価しているが、Dは「無回答」の場合、Eは委員会の勧告に「逆行」する場合にそれぞれ下される評価だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事