<サッカー>韓日戦の伝統を拒否した趙監督の改革(1)

<サッカー>韓日戦の伝統を拒否した趙監督の改革(1)

2011年08月10日14時36分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サッカー韓国代表の趙広来(チョ・グァンレ)監督。
  サッカー韓国代表の趙広来(チョ・グァンレ)監督が韓日戦を控え、「パスプレーで日本を制圧する」と公言した。 どこかで聞いた言葉だ。 趙監督は1月に行われたアジアカップ準決勝の韓日戦を控え、「どちらが強いか試合で見せる」と自信を表した。 そして中盤を中心にパスプレーに死活をかけた。 しかし惨敗だった。 スコアは2-2で引き分けてPK戦で敗れたが、試合内容では一方的に押された。

  ◇中盤プレーは日本の強み

  実際、中盤のパスプレーは日本の強みだ。 20年かけて日本サッカーのチームカラーに定着している。 FWの破壊力は今でも韓国が上回っている。 しかし中盤で試合を運ぶ能力は日本が一枚上だ。 アジアカップ準決勝戦で趙広来監督率いる韓国代表はボールキープ率で下回り、守勢に追い込まれた。

  日本MFのボールキープ力とパスのタイミングは韓国を上回った。 韓国は日本の組織的なパスを事前に断つことができず、何度も危機を招いた。 ボールを簡単に奪われない日本選手は、韓国の裏のスペースを速いパスで攻めた。 一方、韓国は攻撃でスペースを作れず、バックパスとロングボールが多かった。 中盤のゲームは完敗だった。

<サッカー>韓日戦の伝統を拒否した趙監督の改革(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事