南北鉄道の連結・現代化に合意、列車で欧州に?

南北鉄道の連結・現代化に合意、列車で欧州に?

2018年06月27日16時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正烈(キム・ジョンリョル)国土交通部第2次官と金潤革(キム・ユンヒョク)北朝鮮鉄道省次官が26日、板門店南側の平和の家で鉄道協力分科会談をし、共同声明文を採択した後、握手をしている。(写真=共同取材団)
  南北(韓国・北朝鮮)は26日、板門店(パンムンジョム)南側の「平和の家」で開催した鉄道協力分科会談で、南北鉄道の連結と北朝鮮鉄道の現代化のための共同研究調査団を構成することで合意した。また、共同調査に基づいて北朝鮮地域の鉄道現代化に向けた対策を用意し、早期に着工式をすることにした。南北はこれを骨子とする5項目に合意し、共同声明文を発表した。南北が鉄道連結問題を協議したのは2008年1月以来10年ぶり。

  金正烈(キム・ジョンリョル)国土交通部第2次官と金潤革(キム・ユンヒョク)北朝鮮鉄道省次官がそれぞれ首席代表として出席したこの日の会談で、双方は東海(トンヘ)線と京義(キョンウィ)線の鉄道現代化を推進することで一致した。東海線は金剛山(クムガンサン)-豆満江(ドゥマンガン)、京義線は開城(ケソン)-新義州(シンウィジュ)区間だ。共同調査は7月24日に京義線から始める。

  また南北は7月中旬に京義線のムン山(ムンサン)-開城、東海線の猪津(チェジン)-金剛山(クムガンサン)など、すでに連結した区間の点検を共同で実施する予定だ。さらに南北は駅舎周辺工事と信号・通信開設など必要な後続措置を推進することにした。

  南北は共同調査と点検の結果に基づいて北朝鮮の鉄道現代化のための設計と工事方法など実務的な対策を立てた後、着工式をする方針だ。統一部の当局者は「鉄道の現代化は文在寅(ムン・ジェイン)政権の韓半島(朝鮮半島)新経済地図の核心要素」とし「4月27日に文在寅大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が首脳会談で合意した内容を履行するため」と説明した。韓半島新経済地図とは、中国へ向かう西海岸の軸とロシアへ向かう東海岸の軸を建設した後、休戦ラインのベルトで2つの軸をつなぐH字型の韓半島開発戦略をいう。韓国が「鉄道の島」から抜け出すためには、北朝鮮と東海線と京義線でつながることが必須だ。しかし老朽化した北朝鮮の鉄道状況を考慮すると、北朝鮮の鉄道現代化も必要というのが、北朝鮮専門家らの分析だ。ただ、統一部当局者は「現在、国際社会の対北制裁下では釘1本も北に送るのが難しい」とし「鉄道現代化事業は南側の大規模な支援で進行される予定だが、北の非核化と国際社会の対北制裁解除が前提にならなければいけない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事