韓日、最後の通貨スワップの満期到来…延長を議論中

韓日、最後の通貨スワップの満期到来…延長を議論中

2015年02月13日18時07分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と日本が結んだ通貨スワップ契約の満期が今月末に迫っている。

  13日、韓国企画財政部と韓国銀行によると、韓日両政府は今月23日に満期を迎える二国間通貨スワップ100億ドルの契約延長について協議をしている。

  当局関係者は「韓日通貨スワップの満期がまだ残っていて、延長するかどうかや発表日など関連事項について、両国が持続的に協議している段階だ」とし「遅くとも旧正月連休前に結論が出るだろう」と伝えた。

  今回満期が迫っている100億ドルはウォン・ドル、円・ドル方式のチェンマイイニシアチブ(CMI)に伴う二国間通貨スワップで、両国が危機状況において相手国通貨を100億ドルまで換えられるようにした契約だ。100億ドルの契約満期が延長されなければ、両国の二国間通貨スワップは中断される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事