韓国映画『寄生虫』、海外映画祭から続々ラブコール」…ポン・ジュノ監督、出席へ

韓国映画『寄生虫』、海外映画祭から続々ラブコール」…ポン・ジュノ監督、出席へ

2019年06月20日16時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『寄生虫』ポスター
  韓国映画として初めて仏カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督の映画『寄生虫(英題・パラサイト/Parasite)』(以下、『寄生虫』)が世界各国の映画祭から相次いで招待を受けている。

  20日、CJエンターテインメントは今月開幕する「ミュンヘン・フィルムフェスト」(ドイツ)と8月「ロカルノ映画祭」(スイス)、10月の開催が確定した「リュミエール映画祭」(フランス)にポン・ジュノ監督が招待されて出席すると明らかにした。

  「ミュンヘン・フィルムフェスト」は6月27日から7月6日までドイツ・ミュンヘンで開かれる映画祭で「ベルリン映画祭」に続くドイツ最大の夏の映画祭だ。ポン・ジュノ監督は2001年に長編映画デビュー作『ほえる犬は噛まない』で「新人監督賞」を受賞した縁がある。

  『寄生虫』はシネマスターズ・コンペティションに招待されて最高映画賞をかけて他の9本の映画と競い合う予定だ。

  また「ミュンヘン・フィルムフェスト」期間中、『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』『TOKYO!』『母なる証明』『スノーピアサー』『オクジャ/okja』などを上映するポン・ジュノ監督の回顧展も開かれる。

  8月7日から17日までスイスで開かれるロカルノ映画祭にはポン監督と俳優ソン・ガンホが共に参加する。

  ソン・ガンホはアジアの俳優としては初めて、同映画祭が独創的な才能を有している世界的な俳優に贈る「Excellence Award(エクセレンス・アワード)」を受賞する。世界で最も大きい野外上映館の一つである8000席規模「ピアッツァ・グランデ」でポン監督の『殺人の追憶』が上映される。

  10月にはカンヌ国際映画祭執行委員長ティエリー・フレモーが監督として参加している「リュミエール映画祭」に招待されている。世界で初めて映画を作ったリュミエール兄弟の名前を冠した映画祭で、フランス・リヨンで開かれる。

  これに先立ち『寄生虫』はシドニー映画祭で最高賞である「シドニー・フィルム・プライズ」を受賞した。

  一方、『寄生虫』の海外公開も次々と続いている。

  韓国とフランスに続き、16日(現地時間)にスイスで公開されたほか、20日には香港、21日ベトナム、25日インドネシア、27日シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、28日台湾の順で封切りを控えている。

  ロシアとタイではそれぞれ7月4日と18日、フィリピンでは8月7日に、8月中にマレーシア、9月初めドイツ、9月13日ポーランドで公開される。また、チェコ(10月初め)、北米(10月11日)、スペイン(10月18日)、ギリシャ(10月24日)、ルーマニア(11月初め)、オランダ(11月21日)、ハンガリー(12月)の公開日程も確定している。

  英国、イタリア、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、エストニア、クロアチア、ブルガリア、イスラエル、トルコ、日本、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビアでも公開を協議中だ。

  現在、韓国における『寄生虫』の累積観客数は864万2808人となっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事