韓国大統領選候補の文在寅氏「長嶺大使と会う用意ある…韓日合意の問題を指摘したい」

韓国大統領選候補の文在寅氏「長嶺大使と会う用意ある…韓日合意の問題を指摘したい」

2017年04月05日07時16分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
3日、「共に民主党」の大統領選候補に確定した文在寅氏
  韓国「共に民主党」大統領選挙候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏が、日本は少女像問題に過度に介入するべきではないと明らかにした。

  4日、韓国メディア「イーデイリー」によると、文氏はこの日、党緊急議員総会の直後、記者から「駐韓日本大使は帰任したら少女像問題の解決を求めると述べているが、会談することがあれば少女像問題についてどのように述べるつもりか」と質問され、このような立場を表明した。

  文氏は「日本大使が会談の申し入れをしてくれば両国間の発展のために会う用意はある」としつつも「韓日慰安婦合意は問題が多かった点を十分に指摘し、少女像問題も日本が過度に介入したり干渉したりする問題ではないということを明確に説明したい」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事