【取材日記】尹昶重セクハラ被害者を苦しめる陰謀説

【取材日記】尹昶重セクハラ被害者を苦しめる陰謀説

2013年05月16日11時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「事件の情報を最も速く知る方法は事件を直接作ることだ。朴智元(パク・ジウォン)の尹昶重(ユン・チャンジュン)事件の情報獲得速度は事件当事者レベルだ」。

  保守論客というビョン・ヒジェ・メディアウォッチ代表が15日、ツイッターに書いたコメントだ。尹昶重前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑事件の背後に民主党の朴智元議員がいるという、もう一つの疑惑を提起したのだ。ビョン代表は「青瓦台内でも広報ラインのごく少数だけが知るワシントンの8日午前6時ごろのセクハラ事件を、ニューヨークの朴智元が当日午前に知ったとすれば、事件に介入したレベル」とも述べた。朴議員がこの日、CBSラジオ番組のインタビューで、「尹昶重事件」を初めて知ったのは事件直後の8日午前(現地時間)という説明をしたことで、朴議員を事件の当事者と見なしたのだ。

  こうした奇怪な論理の出発は、ある女性が13日にツイッターに載せたコメントだった。「インターン女性は朴智元の現地妻だ。朴智元と李南基(イ・ナムギ)の挟撃で尹昶重がやられた」。李南基首席は光州(クァンジュ)サレジオ高校出身。李首席が湖南(ホナム)出身の朴議員と組んで女性インターンを尹前報道官に接近させる“作戦”をしたという主張だった。その後、一部の保守性向のオンライン掲示板にこのコメントが広がり、尹前報道官が濡れ衣を着ることになったという陰謀説が広がったのだ。

  韓国だけではない。米国の同胞社会でも「背後に何かあるのではという話が出ている。米国記者もこういう話をしている」(ナ・ヨンウクLAコリアンケーブル代表)という声が公然と出ている。ついに与党セヌリ党の孫仁春(ソン・インチュン)議員も13日(現地時間)、ロサンゼルスで開かれた同胞懇談会で、「告発した人が出てこないし、背後に誰がいるという話も出てきている」と加勢した。突然、背後人物に浮上した朴議員は、最初にツイッターにコメントした人を警察に告発した。

  大統領の訪米期間に米国で発生した公職者のセクハラ疑惑は、国格を落とす恥ずかしい事件だ。権威ある大人が歪んだ行動で23歳の同胞女性に大きな傷を与え、国内に戻ってきたのが事件の本質だ。陰謀説を広める時ではない。昨年の大統領選挙当時、ツイッター・フェイスブックなどのSNSでは支持しない候補を根拠なく誹謗し、嘘をまき散らす野蛮が乱舞した。これを率先した人たちは今どうなっているのか。敵・味方を分けて陰謀説を広めても、明白な過ちを伏せることはできない。こういうあきれる陰謀説は被害者や国格をもう一度傷つけるだけだ。

  ホ・ジン政治国際部門記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事