「歴史歪曲・侵略戦争を美化する‘不適切な教科書’」…日本市民団体も反対記者会見

「歴史歪曲・侵略戦争を美化する‘不適切な教科書’」…日本市民団体も反対記者会見

2011年03月31日09時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の40余りの市民団体はこの日、文部科学省で記者会見を行い、「歴史歪曲と侵略戦争を美化する‘不適切な教科書’を子どもに握らせないため教科書採択阻止闘争を行う」と明らかにした。

  「子どもと教科書全国ネット21」の俵義文事務局長は「右翼の扶桑社と新しい教科書をつくる会が意図的に反韓キャンペーンを展開している」と非難した。

  俵義文事務局長は「今回の検定を通過した教科書は、日本政府が国際公約で明らかにした侵略戦争放棄などの約束を違反する内容を含んでいる」とし「8月まで全国一線学校と地方自治体を回りながら、これらの教科書が採択されないようにキャンペーンを行う」と述べた。

【ホットクリック】

・韓国政府、実効支配カードで「独島は韓国の領土」念押し
・韓国軍、海上射撃訓練を実施…K-9・バルカン砲3千発発射
・「歴史歪曲・侵略戦争を美化する‘不適切な教科書’」…日本市民団体も反対記者会見
・フィギュア世界選手権、参加名簿を発表
・南極に韓国式地名が登録される
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事