中曽根元外務大臣の妄言…「韓国は国家の体を成しておらず」

中曽根元外務大臣の妄言…「韓国は国家の体を成しておらず」

2018年11月01日11時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  自民党が31日、議員会議を開いて韓国大法院(最高裁)の強制徴用判決を批判した。

  日本メディアによると、自民党は31日、東京の党本部で外交部会(委員会)所属議員などが出席した会議を開き、韓国大法院が30日、新日鉄住金に強制徴用被害者に賠償することを命じた判決に対する対策を議論した。

  この席で中曽根康弘元外務大臣は「徴用をめぐる問題は、日韓請求権協定で完全に解決したとなっている。これを覆すのは国際常識でありえない。韓国は国家の体を成しておらず、韓国に投資する企業も少なくなる」と厳しく批判した。

  この他にも出席者からは「政府は、企業の財産を守らなければならない」とか、「政府だけではなく、自民党としても対抗策を打ち出すべき」などと、日本政府が韓国政府に強い姿勢で臨むよう求める意見が相次いだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事