韓国の試験用月軌道船、2020年「スペースX」が打ち上げる

韓国の試験用月軌道船、2020年「スペースX」が打ち上げる

2017年12月19日09時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2020年に打ち上げる予定の試験用月軌道船の姿。
  韓国航空宇宙研究院(以下、航宇研)が2020年に打ち上げる予定の試験用月軌道船(オービター)の打ち上げ会社として米民間ロケット会社「スペースX」を選定したと18日、明らかにした。スペースXは電気自動車テスラの創業者、イーロン・マスク代表が率いている。彼は映画『アイアンマン』のモデルだ。

  試験用月軌道船はスペースXが保有した発射体ファルコン9に載せられる。ファルコン9は長さ70メートル、重量549トンだ。1、2段いずれも液体推進エンジンを使う。試験用月軌道船は米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地で発射される予定だ。航宇研は性能評価によってスペースXを優先交渉の対象者に選定し、交渉を通じて15日に最終契約した。

  海外で行われた公開入札にはインドのアントレックスをはじめ、欧州とロシア発射会社も参加した。航宇研関係者は「技術力と発射費用などを検討してスペースXを最終選択した」と話した。

  スペースXは発射体の回収に相次ぎ成功している。ファルコン9で最も高価な1段ロケットの陸地回収に成功し、昨年4月世界で初めて海上着陸場でも発射体の回収を実現した。月軌道では発射にも回収が可能な発射体が使われる可能性が高い。打ち上げの費用は両側の協議で公開されていない。

  韓国の試験用月軌道船は550キログラム級だ。高解像度カメラと月ガンマ線分光計など韓国で開発された搭載体5機と米航空宇宙局(NASA)が開発したシェードカメラなどが搭載される。

  試験用月軌道船は打ち上げ後、自主運営システムで月軌道に進入する。その後、月極軌道を空転しながら高解像度の映像資料を地球に伝送する予定だ。NASAは月軌道では運営に欠かせない通信および航法技術などを支援する。航宇研関係者は「試験用月軌道船は9月、システム予備設計の検討を終え、詳細設計を進める段階」とし「電気機能テスト、構造モデル検証、飛行モデル総組み立ておよびテストの過程を成功裏に通過すれば、2020年に予定通りに打ち上げることができるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事