<WBC>球速135キロの左腕エース、韓国代表入りならず

<WBC>球速135キロの左腕エース、韓国代表入りならず

2017年01月13日14時14分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳熙寛(ユ・ヒグァン、31、斗山)
  2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で大谷翔平との投げ合いを望んでいた柳熙寛(ユ・ヒグァン、31、斗山)が韓国代表の最終メンバーから漏れた。

  韓国代表の金寅植(キム・インシク)監督は11日、WBC代表チームの最終エントリーを発表し、メジャーリーガーの呉昇桓(オ・スンファン)を合流させた。柳熙寛はメンバーに含まれなかった。

  柳熙寛は韓国プロ野球で超低速直球を投げる投手。最高球速が135キロにすぎず、平均球速は128キロ。球速は遅いが制球力がよい柳熙寛はこの4年間で55勝をマークし、韓国プロ野球で注目を集めている投手だ。

  これに先立ち柳熙寛は10日、「私と大谷が試合で投げ合えば(WBCを単独中継する)JTBCの視聴率が爆発するのでは」とし「大谷のピッチングを近くで見てみたい」と話していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事