【時論】韓国ガールズグループのナチ衣装、無知は弁解にならない(1)

【時論】韓国ガールズグループのナチ衣装、無知は弁解にならない(1)

2014年12月08日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2014年はK-POPにとって非常に成功的な一年だった。数多くの韓国歌手がアジアを越えて北米や南米、欧州を行き来しながら公演チケットの完売を次々と記録し、各種音楽チャートでも上位圏をさらった。しかし、多くに人にとって今年一年のK-POPの締めくくりは多少愉快とは感じられない年でもあった。世界メディアは、Pritz(プリッツ)というガールズグループが釜山(プサン)競馬公園のイベントでナチが第2次世界大戦当時に着用していた軍服とそっくりの衣装を着て登場したことを報じた。

  黒色の上下衣装とナチのスヴァスティカ、つまり「卍(まんじ)」のように見える赤と白の腕章がつけられたこの衣装は、1200万人を虐殺した残忍なナチの親衛隊SSの軍服を連想させた。米国のウォール・ストリート・ジャーナル、フランスのフィガロ、英国のデイリーメール、さらにドイツのディ・ヴェルトまで、各国を代表する有力日刊紙は一斉にこのガールズグループについて報道した。韓国でも非常に否定的な見方をもって扱われた。

  このような大衆の怒りにもかかわらず、グループの所属事務所パンダグラムはその意を曲げない立場を明らかにした。パンダグラムはPritzが問題の衣装を着て登場するプロモーションビデオを公開した。また、彼らは衣装がナチのユニフォームと似ていることは単なる偶然であり、腕章の黒い十字架は四方に広がり「疎通」と「和合」をしようという意味だったと説明した。「私たちはナチを追従しているのではない。皆さんと同じように嫌いだ」という立場を明らかにしたが、私たちの目に映るさまざまな証拠から彼らの言葉には信頼が置けない。もちろん所属事務所の言葉が正しいかもしれない。しかし、グループの名前がPritzであるという事実を考える時、私はこれを単なる偶然の一致と受け入れるには無理があるような気がする。Fritz(訳註:韓国語の発音はPritzとほぼ同じ)は第2次世界大戦当時、英国軍がドイツ軍を指す一種のスラングだった。たとえ、彼らがナチの軍服とそっくりの衣装を着ていなくても、グループの名前は一度ぐらいは確かめておきたい部分だ。

  韓国に暮らしているユダヤ人の1人として、私はこのグループによって大きな衝撃を受けることはなかった。今年初め、私はSBS(ソウル放送)の音楽番組「人気歌謡」で、アイドルグループのSPEED(スピード)のメンバー1人が白の丸いパッチが入っている赤い腕章をつけてナチのユニフォームとそっくりの衣装を着ているのを見た。そして、今年9月にはファッション雑誌CeCiでボーイズグループの防弾少年団のメンバーのRAP MONSTER(ラップ・モンスター)がスヴァスティカの上に鷲が座っている模様の入った帽子をかぶっているグラビアを目にした。

【時論】韓国ガールズグループのナチ衣装、無知は弁解にならない(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事