【社説】黄教安代行と野党、力比べをしている時か=韓国(1)

【社説】黄教安代行と野党、力比べをしている時か=韓国(1)

2016年12月18日13時09分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  17日にソウル都心で開かれた8回目のろうそく集会では「黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行即刻辞任」のスローガンが出てきた。主宰側である「朴槿恵(パク・クネ)政権退陣非常国民行動」は、「黄権限代行は弾劾された大統領の手足」として即時辞任を要求した。

  無責任な私人崔順実(チェ・スンシル)と一体になり国政に介入した朴槿恵政権に対する憤怒は理解してあまりある。だが韓国の国民は憤怒を賢く昇華させ暴力と違法ではない民主主義と法治の方式で朴大統領を断罪した。全世界が驚いた平和なろうそくデモを通じ憲政史上2度目の国会弾劾を引き出した。血一滴流さず憲法の規定通りに朴大統領の職務を停止させ法の審判台にのせた。それだけにこれからは憲法裁判所の審理を静かに見守り「ポスト朴槿恵」と「大韓民国リセット」の道を設計しなければならない時だ。

  それでも一部在野と野党圏は黄教安体制を信頼せず非難どころか退陣を主張するに至った。納得しがたい無責任の極限状態とみるほかない。「共に民主党」の有力大統領候補である文在寅(ムン・ジェイン)元代表は「憲法に何の罪があるか」として改憲要求を一蹴し、現行憲法の通りに大統領選挙を行わなければならないと主張してきた。職務停止した大統領の権限を黄代行に委任し行使することにしたのがまさに現行憲法だが、黄代行が即時辞任しなくてはならないとは辻褄が合わない。民主党をはじめとする野党3党はセヌリ党親朴系の反発を押し切り大統領弾劾を強行し通過させた。それならその後の手続きは法が定めた通りに従うのが常識的だ。

  さらに黄代行体制は野党圏が自ら招いた結果ではないのか。国会に首相推薦を提案した朴大統領の提案を「小細工だ」として一蹴し弾劾を強行したのも野党で、野党同士の政治的利害が食い違って一致した首相候補者を出せないのも野党だ。やむを得ず黄代行体制を作っておきながらいまになって突然退けというなら、こうした主張を傾聴する国民が何人いるのか自ら考えてみるべきだ。野党圏は論理的にも、法理的にも納得できない黄代行退陣要求を捨て、執権の正統性のためにも現在の過渡体制がその役割を果たせるよう力を与えるのが正しい。広場のろうそくの明かりと叫び声にばかり依存し、党利党略を前面に掲げて小細工をするなら、ろうそくを灯す民心の逆風は野党に向かって吹きかねないという点を肝に銘じなければならない。(中央SUNDAY第510号)

【社説】黄教安代行と野党、力比べをしている時か=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事