<サッカー>余裕あふれる趙監督、先発メンバー公開

<サッカー>余裕あふれる趙監督、先発メンバー公開

2011年08月10日11時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国代表チームの趙広来(チョ・グァンレ)監督。
  趙広来(チョ・グァンレ)韓国監督は余裕があふれ、アルベルト・ザッケローニ日本監督は慎重だった。

  サッカー韓日戦を翌日に控えた9日、札幌ドームで行われた韓日戦の公式記者会見。2人の指揮官の態度は全く違った。趙広来監督は記者会見をする前、すでに試合に出場する先発メンバーを公開した。4-2-3-1戦術を明らかにし、主力メンバーもほとんど伝えた。

  日本の記者はこれに疑問を抱き、「ザッケローニ監督は絶対に先発メンバーを公開しない。趙監督はなぜ先発メンバーを公開するのか」と質問した。これに対し、趙監督は「Aマッチでは相手が私たちのことを知って試合に出てくる。そういう状況を乗り越えなければならないものだ。メンバーの公開は今後行われるワールドカップ(W杯)アジア地域予選にも役立つ」と説明した。

  また勝負を分ける中盤争いにも自信が表した。趙監督は「寄誠庸(キ・ソンヨン)、李容來(イ・ヨンレ)、金正友(キム・ジョンウ)の中盤は呼吸が合っている。日本を相手に十分に勝てる」と答えた。インタビューでは終始、自信に満ちた回答をした。

  ザッケローニ監督は慎重で緻密だった。ザッケローニ監督は記者会見を40分以上も遅らせ、練習に集中した。日本サッカー協会側の関係者は「ザッケローニ監督は時間観念がなく、よく遅れるが、40分も遅れるのは異例」と説明した。

  また韓日戦よりもW杯予選に焦点を置いているというニュアンスで話した。「ライバル関係に縛られない」と努めて韓日戦の意味を縮小した。

  韓国の戦力を尋ねる質問に対しては「韓国と日本はアジア最高のチーム。チームワークも良く、一人ひとりが優れている」と儀礼的な称賛をしながら核心を避けた。

  しかし日本の戦略は徹底的に隠した。ザッケローニ監督は韓日戦のベスト11はもちろん、戦術も公開しなかった。ザッケローニ監督は「これまでやって慣れてきたシステムを明日も活用するだろう。追加のオプションがいくつかある。流れを見ながら選択する」と話した。

  ザッケローニ監督は就任後4-2-3-1を主に使用したが、6月のキリンカップ2試合では3-4-3を使った。フォーバックなのかスリーバックなのか明らかにせず、「これまでやって慣れてきたシステム」というあいまいな表現で戦術を隠したのだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事