【コラム】「世界で最もスマートな企業50」からサムスンがはずれた理由

【コラム】「世界で最もスマートな企業50」からサムスンがはずれた理由

2016年06月30日10時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「スマート・革新・変化・創造」。スタートアップから大企業まで関係なくみながうらやましがる価値だ。それでこの価値に誰がうまく近づいているのは常に関心事だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)テクノロジーレビューは、2010年から毎年これをうかがわせる順位を発表している。「世界で最もスマートな企業50」がそれだ。「技術関連ビジネスを新しくした企業」を最低12カ月以上分析して観察して選ぶという説明だ。新しいビジネスモデルを作ったり、市場に魅力的な技術をリリースしたりした企業がリストの主人公になる。売り上げや収益、特許数のような量的指標は考慮しない。

  当然、絶対的な基準ではない。それでも相当な示唆点を与える。今年は昨年上位にいた企業が大挙してはずれた。昨年2位だった中国シャオミの不在が最も特徴的だ。昨年は「『アップルの低価格バージョン』という事業モデルをこえた割引とモバイルメッセージのプラットホームとして成熟しつつある」と判断して革新的だと評価されたが、今年は50位圏外だ。スマートフォン市場内で新しさを提示できないからだ。ライバル会社も同じ境遇だ。アップルも昨年16位だったが今年ははずれた。2014年に4位だったサムスン電子は昨年に続き今年もリストにない。

  今年の1位はアマゾンが占めた。アマゾンの「人工知能(AI)アレクサ(Alexa)が音声サービスで成功を収め、アマゾンウェブサービス(AWS)の企業クラウドコンピューティング事業が特に有望だ」とした。特に2位である中国バイドゥが目を引く。正確で高い言語認識水準の音声認識エンジンを開発し、自律走行車研究チームを稼動していると紹介した。2014年シリコンバレーに研究チームを作り今年100人以上を雇用して2018年の自律走行運行に挑戦する。ファーウェイ(10位)、テンセント(20位)、Didi Chuxing(滴滴出行、21位)、アリババ(24位)など中国企業の躍進は相変わらずだ。韓国企業では唯一クーパンが44位に入った。

  もう1つの示唆点はマイクロソフト(26位)、ボッシュ(33位)、ネスレ(36)、IBM(45位)、インテル(49位)、モンサント(50位)のような「オールドボーイ」の健在ぶりだ。リストを見回してみると革新に向かう近道や公式はないように思われる。テスラ(4位)、ファーウェイ、ネスレの間で果たして共通点を見出すことができるだろうか。ただ各分野で解決したい問題において情熱を傾けているだけだ。その間、私たちは本質でないものなどに過度に力を抜いていて心配だ。どんな呼び方が水平的なのか何を着るべきかはそれこそ力添えにすぎず、韓国ではこれによって成し遂げようとするものが何なのか見えないからだ。

  チョン・ヨンソン経済部門記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事