<野球>中日・岩瀬、韓国セーブ王に無関心…「呉昇桓、印象はない」

<野球>中日・岩瀬、韓国セーブ王に無関心…「呉昇桓、印象はない」

2013年11月25日10時28分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
呉昇桓(オ・スンファン、31)。
  日本を代表する抑え投手の岩瀬仁紀(39、中日)が阪神と契約した呉昇桓(オ・スンファン、31)を刺激した。

  日本スポーツニッポンは24日、「岩瀬、韓国セーブ王に無関心」という見出しで、岩瀬の言葉を伝えた。岩瀬は呉昇桓について「印象はない」とし、「(アジア記録の)シーズン47セーブ記録を持っているのも今、初めて聞いた」と語ったと、同紙は伝えた。

  呉昇桓は2006年、岩瀬のアジア最多セーブ記録(46セーブ、2005年)を翌年に更新した。呉昇桓は2006年、2011年に47セーブをマークしている。

  1998年に中日に入団した岩瀬は15シーズン、通算53勝41敗382セーブ、防御率2.03。今季、“大魔神”佐々木主浩(381セーブ)を超え、日本歴代通算最多セーブ記録を作った。

  岩瀬は2008年北京オリンピックの準決勝で李承ヨプ(イ・スンヨプ)に決勝2ランを浴び、韓国のファンにも知られている。阪神と中日は同じセリーグに属している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事