【コラム】「ワンチャイナ」とツーコリア

【コラム】「ワンチャイナ」とツーコリア

2017年08月24日16時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  数日前、韓国で修士・博士過程を終えてソウルのある大学で研究活動をしていた中国学者が別れの挨拶をしにきた。中国研究機関に移す予定だという彼は、数日か前に採用面接で起きたことを聞かせてくれた。面接官の一人が韓国生活13年ぶりに中国に帰ることを決心した主な理由を尋ねたという。要旨は韓中関係の展望を悲観するためでないかとのことだ。時間をしばらくに限定して適当に答えて出たが、心の片隅に重たい石がのしかかるような気がしたという。韓中関係は米中関係と連動して動く構造的制約を受けている。爆発的な経済膨張に基づいて威勢を表わしている中国を狙って米国の本格的なけん制が始まった中で、その「しばらく」がどれぐらいになるか予測が難しいから気が重かっただろう。

  今日、韓中両国は修交25周年を迎えた。高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の配備問題で中国が直接的に経済報復を加え、両国関係の軸はひどく損なわれた。修交記念行事も各自大使館で別々に開くなど不信が深まっている。5年前、北京人民大会堂で開かれた修交20周年記念の晩餐会には当時台頭していた習近平国家副主席が参加して雰囲気を盛り上げた。会議場の周りでは5年後、習主席と共にする食事会はどうなるか、と冗談を言うほど和気あいあいだった。両側の祝辞はバラ色の未来に対する期待感を隠せなかった。その時は修交25周年記念日がこのようにみすぼらしい日になるか誰が予測することができただろうか。

  韓中は相互補完的な交易構造で縛られているため、その間爆発的な経済成長の実りをともに享受することができた。問題は政治だった。我々は台湾と断交して「ワンチャイナ(一つの中国)」を受け入れたが、中国は「ツーコリア」政策だった。分断体制の現状維持に焦点を合わせて韓国と北朝鮮の等距離外交をするということだ。血盟でない一流国家関係に変わったと中国は主張しているが、中朝は戦略的安保利益を共有する相互防衛条約で縛られている関係という点から本質的に変わっていない。

  政経分離でここまで来た韓中関係はもう岐路に向かっているようだ。戦略的協力パートナー関係という修辞ではツーコリア戦略を駆使する今の中国と表面的な関係以上を期待しにくい構図になっている。それでは、長い目で韓中関係のリセット(再設定)を準備しなければならない。相手は過去25年間、韓半島政策を貫いてきた中国だ。韓半島を取り巻く国際情勢と中国業務に精通した専門家集団で外交ラインを構成する、基本に充実した対応が出発点だ。

  チョン・ヨンファン/中央SUNDAY次長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事