韓国政府、日本外相の独島領有権主張に“厳重警告”

韓国政府、日本外相の独島領有権主張に“厳重警告”

2015年02月13日15時07分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
独島(写真=中央フォト)
  韓国政府が12日、岸田文雄外相の独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張発言に対して強く批判した。

  韓国外交部は同日、報道官の論評で「岸田文雄外相が日本国会の外交演説で独島に関する不当な主張を再び提起したことは、日本政府が過去帝国主義時代の韓半島(朝鮮半島)侵奪の歴史を反省していないということを如実に示している」と指摘した。

  外交部は「光復(解放)70周年、韓日国交正常化50周年を迎えて日本政府が過去の歴史に対する謙虚な反省に基づき、韓日関係の新たな未来のために努力していかなければならない時に、かえって歴史退行的な言動を繰り返すのは北東アジアの平和と安定、共同繁栄という時代的要求に逆行するということを厳重に警告する」と伝えた。

  外交部はまた「政府は歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国固有の領土である独島に対する日本のいかなる挑発にも断固として対応していく」とその方針を明らかにした。

  これに先立ち、岸田外相は同日の定期国会外交演説で「日本固有の領土である竹島に対する日本側の主張をしっかりと伝えていく」と発言した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事