K-POPアイドルがパリ入城…ドゴール空港に響く韓国の歌

K-POPアイドルがパリ入城…ドゴール空港に響く韓国の歌

2011年06月10日08時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
8日シャルル・ドゴール空港でSHINee、f(x)、東方神起(DBSK)を待つフランスファンたち。韓流ファンらしくハングルで「愛してます」と書いた紙を持っている。
  「シャイニー、シャイニー!」「エフイクス(アイドルグループf(x)のフランス語発音)エフイクス!」

  フランス・パリ郊外のシャルル・ドゴール空港入国ロビーに割れんばかりの音が鳴り響いた。8日午後7時30分、韓国のアイドルグループ歌手が姿を現す瞬間だった。1000人余りのフランス人ファンが先を争って前に集まると、現地警察は韓国人スターを取り囲み空港建物の外に待機中の車両に引き渡した。

  ほとんどが10~20代女性のファンらは後について行きながら空港は大変な混雑となった。10人余りのK-POPスターが車に乗って離れると一部ファンは空港のあちこちに座り込み涙を流すことさえした。理由を尋ねると「SHINeeメンバーの顔を直接見たことが信じられなくて」と答えた。現場に配置されたある警察官は、「芸能人の入国で数百人が集まることはたびたびあるが、このように多くの人が集まって熱狂するのは初めて見た」と話した。

  この日フランスに到着した韓国のアイドルスターは東方神起、SHINee、f(x)のメンバーらだ。フランスで初めてのK-POP公演だ。彼らは10日と11日に大型公演会場のル・ゼニス・ド・パリでコンサートを開く。同じSMエンターテインメント所属の少女時代とスーパージュニアも合流する。少女時代はすでに前日に入国している。

  フランスファンらはこの日午後2時ごろから空港に集まり始め、歌手が到着する2時間30分前の午後5時ごろには入国ロビーを埋め尽くした。彼らはハングルで書いた「シャイニー愛している」などのプラカード、歌手らの写真が印刷されたうちわ、太極旗などさまざまな小道具を持ち出した。待っている間にSHINeeの「Ring Ding Dong」、少女時代の「Gee」などの人気曲を歌い踊ったりもした。14歳の少女は、「胸がときめいて眠ることもできなかった」と話した。フランス北部リールからきたという65歳の韓流ファンは、「私は家で韓国の歌ばかり聴き、韓国ドラマばかり見ている」と話した。

  歓迎の人波の大部分はフランスの韓国大衆文化同好会「コリアコネクション」の会員だった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事