盧大統領・ウリ党、最低の支持率に

盧大統領・ウリ党、最低の支持率に

2006年07月10日14時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  世論調査機関の現代(ヒョンデ)リサーチ研究所が7、8日の2日間、全国の成人男女1000人を対象に行った世論調査によると、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と与党開かれたウリ党(ウリ党)への支持率がいずれも10%以下に墜落した。

  同調査で、盧大統領の国政遂行への評価は「よくやっている」が7.2%にとどまった。半面「誤っている」は59.4%で、「普通」が32.6%だった(95%信頼水準に±3.1%)。

  政党支持率では、野党ハンナラ党が42.3%でトップ。その次は、ウリ党9.9%、民主労働党6.5%、新千年民主党4.5%の順。

  また、デイリーアンが10日報じたところによると、7月3日に行われた金秉準(キム・ビョンジュン)教育副総理と権五奎(クォン・オギュ)経済副総理の内定などを骨子にする内閣改造について国民の過半数が否定的な見方を示した。内閣改造について「世論に逆行する人事。誤っている」という回答が54%にのぼり、「大統領固有の権限で、問題視できない」という回答は32%だった。

  また、北朝鮮のミサイル発射にもかかわらず北朝鮮への支援を継続することについては「人道レベルの支援だけ行うべき」という意見が42.9%で最も多く「全ての支援を中断すべき」が35.2%「現在の支援規模を維持すべき」という回答は14.1%だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事