米シンクタンクが独島を紛争地域と表記

米シンクタンクが独島を紛争地域と表記

2014年11月13日13時17分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
独島(ドクト、日本名・竹島)(写真=中央フォトDB)
  米シンクタンクが独島(ドクト、日本名・竹島)を紛争地域と表記していたことがわかり議論が起きている。

  米ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)が12日に公開セミナーで独島を「紛争地域」と表記したことがわかった。

  CSISはこの日開催した「2015世界見通しセミナー」で、アジア太平洋地域の海洋紛争動向を紹介するオンラインサイト「ASIA MARITIME TRANSPARENCY INITIATIVE(AMTI、アジア海洋透明性イニシアチブ/http://amti.csis.org/)」を紹介し、独島を紛争地域として表記した。

  CSISはこの日公開した動画で、独島を尖閣諸島のような紛争地域を意味する赤で表記した地図を掲載し独島が紛争地域であることを示唆した。

  特にこの動画とオンラインサイト製作をCSISの日本室が主管したことがわかり、日本による独島の紛争地域化戦略が表われているとの推測が提起された。

  また、米国議会調査局(CRS)も最近出した韓日関係報告書と日米関係報告書を通じ、独島を「リアンクール岩礁」と表記し、括弧書きで「独島/竹島または竹島/独島」と併記したことが確認され、韓国政府当局の積極的な対応が必要との指摘が出ている。

  米シンクタンクの独島紛争地域表記に対しネットユーザーらは、「少し放っておいてほしい」

  「どういうことか」「イ・スンチョルに続く連続ホームランだ」などさまざまな反応を見せた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事