韓国民団団長「釜山少女像、最大の被害者は在日同胞…撤去すべき」

韓国民団団長「釜山少女像、最大の被害者は在日同胞…撤去すべき」

2017年01月13日11時21分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
釜山の日本領事館前に設置された平和の少女像
  在日本大韓民国民団の呉公太(オ・ゴンテ)団長が12日、「釜山(プサン)少女像を撤去すべき」と主張した。日本メディアが報じた。

  時事通信などによると、呉氏はこの日午後、東京新宿で開かれた新年会で釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦問題を象徴する平和の少女像について言及し、「この問題で一番の被害者は在日同胞だ」とし「慰安婦少女像はなくさなければならないというのが在日同胞の共通の考えだ」と明らかにした。

  続いて慰安婦韓日合意について「苦渋の末に選択した結果で、両国の関係発展のための英断だ」とし「合意が誠実な態度で履行されなければ、この問題は永遠に解決されない」と伝えた。

  呉氏は韓国政府側にこのような内容を伝える計画だという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事