<MERS>40歳妊婦確診…14人目患者から48人感染=韓国

<MERS>40歳妊婦確診…14人目患者から48人感染=韓国

2015年06月11日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
10日午後、救急車でサムスンソウル病院に到着した患者が医療スタッフの助けを受けて防護服を着ている。この日午前現在の中東呼吸器症候群(MERS)確診患者は13人増えて計108人になった。
  10日、中東呼吸器症候群(MERS)の新規患者は14人で前日(8人)よりも増えた。サムスンソウル病院応急室で感染した人が11人で前日(3人)よりも多かった。サムスンソウル病院応急室で感染した患者は計48人で、平沢(ピョンテク)聖母病院の感染患者数(36人)を上回った。サムスンソウル病院で確認されたた3次感染の中心にいるのは14人目の患者(35)だ。この患者が3次感染させた人数(48人)は最初の患者(68)による感染者(37人)より11人多い。事実上、今回のMERS拡散過程で最多の「スーパースプレッダー」となった。16人目の患者(40)は17人を感染させた。

  サムスンソウル病院応急室に入院中の母親を見舞って14人目の患者に接した妊婦(40)は疾病管理本部の最終検査の結果、確診判定を受けた。この妊婦はこれに先立ちサムスンソウル病院で実施したMERS1次検査で陽性だったが、ソウル市保健環境研究院の2次検査で陰性結果となり疾病管理本部が再度確認検査を実施した。

  状態が不安定な感染者も11人(9日9人)だ。先月27日に14人目の患者(35)が応急室にきた際に感染したサムスンソウル病院の医師(38)も状態が悪化した。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部病気予防センター長はこの日の記者会見で「35人目の患者が酸素マスクを使っている」と話した。大田(テジョン)テチョン病院で87人目の患者(78、女)を看病していた介護者が感染して107人目の患者(64、女)になった。感染した介護者は4人だ。

  保健当局は10日、感染者が前日よりも増えたが全体の流れで見れば沈静段階に入ったものと判断している。クォン・ドクチョル保健福祉部保健医療政策室長は「サムスンソウル病院応急室で患者が出てきているので接触者らの潜伏期が過ぎればある程度安定傾向に転じるのではないかとみている」と話した。サムスンソウル病院の「スーパースプレッダー」である14人目の患者が応急室に滞在していた期間(先月27~29日)を基準とすれば最大潜伏期(14日)が終わるのは12日だ。鄭銀敬センター長は「潜伏期が2~3日ほど残っているので、この期間の患者が発生し続けるだろう」と話した。

  崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)首相代行はこの日の対国民談話文で「MERSの感染リスクがある医療機関を利用して異常症状がある場合、任意で病院に行かず必ず保健所に申告した後に案内を受けて動いてほしい」と頼んだ。病院を転々とすることを防ぐためだ。また、できるだけ病気の見舞いを自制してほしいと要請した。政府はMERS関連の情報を一括提供するポータルサイト(www.mers.go.krなど)を開いた。患者が確認された医療機関や選別診療所が設置された医療機関が分かる。またMERSに関して自宅または施設に隔離されたり入院したりしたせいで生計が困難になった全世帯に対し110万ウォン(4人世帯基準)を支援することにした。当初、最低生計費の185%以下に制限しようとしたがすべての人に拡大した。1人世帯40万9000ウォン、2人世帯69万6500ウォン、3人世帯90万1100ウォン、5人世帯で131万200ウォンが支援される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事