米下院で「慰安婦決議案」遵守要求法案が通過

米下院で「慰安婦決議案」遵守要求法案が通過

2014年01月16日11時17分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米下院で2007年に下院を通過した「慰安婦決議案」の遵守を促す案が通過した。慰安婦問題が米議会の正式法案に盛り込まれるのは今回が初めて。

  下院は15日(現地時間)の全体会議で、「2014会計年度の包括的歳出法案」を表決し、通過させた。この法案の「国務省海外業務歳出法案」合同解説書のアジア太平洋の部分に収録された報告書には、「2007年に下院を通過した『慰安婦決議案』に提起された懸案を日本政府が解決するよう、米国務長官が働きかけることを促す」という内容が載せられた。

  2007年にマイク・ホンダ議員の主導で下院を通過した慰安婦決議案は、第2次世界大戦当時の日本軍の従軍慰安婦強制動員に関し、日本政府の公式謝罪を要求している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事