金正恩氏の核賭博、今は核弾頭小型化に照準

金正恩氏の核賭博、今は核弾頭小型化に照準

2016年09月14日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が政権樹立日の9日に5次核実験を行った。最近の弾道ミサイルの相次ぐ成功に続き5次核実験まで断行すると韓日米は軍事的対応策の準備に忙しい。北朝鮮の核・弾道ミサイルなど戦略武器開発のスピードは政府の予想を上回っている。5次核実験後に北朝鮮は「核弾頭の小型化、標準化、規格化に成功した」と主張した。北朝鮮は2006年10月9日の最初の核実験以降、通常3年ごとに核実験を行ってきた。だが今回の核実験は4次核実験(今年1月6日)からわずか8カ月後だ。金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が核・経済並進路線に強いドライブをかけているだけに、完成された核兵器をいち早く保有するという策略を表わしたとみることができる。実際に金正恩委員長は今月初め「核武力を強化し続けよ」という指示を与えた。

  北朝鮮が現在の開発に拍車を加えている戦略武器は核と弾道ミサイルだ。究極的な目標は核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)だ。北朝鮮は残された課題である核弾頭の小型化とICBMの大気圏再突入(re-entry)技術の確保に全力を傾けている。今回の5次核実験もこのための準備過程だというのが専門家たちの分析だ。

  北朝鮮の弾道ミサイルはすでに非常に威嚇的なレベルに到達した。特に今年に入ってからは多様な手段や方法を動員してミサイルを発射しながら相当な技術の進展を見せた。今年2月7日には長距離弾道ミサイル(北朝鮮名:光明星4号)を撃った。今月5日には黄海北道黄州(ファンヘブクド・ファンジュ)から移動式発射台(TEL)に搭載された弾道ミサイル3発をほぼ同時に発射した。1000キロを飛んだミサイルは東海(トンヘ、日本海)上に着弾群を形成しながら落ちた。「以前よりも非常に精密度が高まった」というのが軍当局の説明だ。日本のメディアは「自衛隊が事前感知さえできなかった。移動式発射台の活用で探知が難しい」と報道した。北朝鮮は先月24日には潜水艦発射の弾道ミサイル発射にも成功した。高角発射(正常角度より高めて発射)を通じてノドン・ムスダンミサイルなどの射程距離を調整できるという能力も見せた。今のところ来月10日の労働党創建日にも新たな挑発が予想されている。情報当局は6次核実験またはICBM発射を憂慮している。

  北朝鮮の朝鮮中央通信の13日の報道によれば金正恩委員長は5次核実験後初めて公開する行動として軍部隊傘下の農場を訪れた。この場で核開発関連の言及はなかった。核・経済並進路線で経済を整える姿だった。金正恩委員長は「新たに改良したトウモロコシなど農場が成し遂げた成果を見ると胸がすがすがしくなり気分が良くなる」と話したという。5次核実験の成功でそれだけ核開発には自信がついたような姿だった。北朝鮮が核ミサイルを実戦配備するところまでそれほど時間がかかりそうではない。インドやパキスタンの場合5~6回の核実験を経て核兵器の開発に成功した。金正恩委員長もその時までは危険な「核賭博」を止めないだろう。金正恩委員長は韓米が設定した「レッドライン(限界線)」を超えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事