文大統領「李元大統領、盧元大統領の死に言及…怒りを禁じ得ない」

文大統領「李元大統領、盧元大統領の死に言及…怒りを禁じ得ない」

2018年01月18日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)と李明博(イ・ミョンバク)前大統領
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が李明博(イ・ミョンバク)元大統領の声明発表に関し、「怒りを禁じ得ない」と述べた。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は18日、記者会見を通じて李元大統領の声明に対する立場を発表し、このように明らかにした。

  朴報道官によると、文大統領は「李元大統領が盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の死を取り上げて政治報復云々したことに対し、怒りを禁じ得ない」と述べた。

  文大統領はまた「李元大統領がまるで青瓦台が政治報復のために検察を動かしているように表現したことについて、これは政府に対する侮辱であり、大韓民国の大統領を歴任された方として言うべきではない司法秩序に対する否定で、政治襟度に欠ける行為だ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事