お菓子が韓国人を差別? 「日本製品には良い材料が、韓国のものには…」

お菓子が韓国人を差別? 「日本製品には良い材料が、韓国のものには…」

2014年08月07日13時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  MBC(文化放送)の時事教養番組『不満ゼロ』が菓子が内需用と海外販売によって違いがあるという点を報道した。

  6日放送されたMBC『不満ゼロUP』では韓国内の製菓メーカーの海外販売されている菓子と内需用菓子の差別問題を暴露した。

  韓国と日本で販売されている同じメーカーの同種のチョコレート製品の量と価格を比較した結果、2000ウォン(約198円)と200円で価格がほとんど同じにもかかわらず、韓国製品(12個入り)が日本製品(24個入り)よりチョコレートの量が半分に過ぎないことが明らかになった。

  理由は包装紙の差だ。内部の包装材の体積を増やして過大包装をしたのだ。包装だけでなく成分も違った。あるチョコレート製品の場合、日本メーカーではカカオバターを使っているが韓国メーカーではカカオバターの代わりに価格が安い植物性油脂を使っていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事