<金総書記死去>中国は死去当日に知っていた

<金総書記死去>中国は死去当日に知っていた

2011年12月21日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国指導部が北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去当日の17日に劉洪才駐北朝鮮中国大使の報告を通じ金総書記の状況を把握していたと北京の消息筋が20日に明らかにした。北朝鮮は19日正午に金総書記の死去を公式発表した。

  劉大使は朝鮮労働党の中国パートナーの共産党対外連絡部副部長出身だ。中国政府はまた、発表1日前の18日に中朝外交チャンネルを通じて、北朝鮮から金総書記死去の事実を公式に伝えられていたとこの消息筋は伝えた。北朝鮮の朝鮮中央通信は金総書記の死因究明糾明のために18日に解剖検査をしたと報道しており、北朝鮮当局が金総書記の死因を確定した後にこれを中国側に通知した可能性があるとみられる。中国外交部が北朝鮮の死去発表当日に哀悼論評を出し、中国共産党中央委員会など4機関が哀悼の電報を北朝鮮に送り金正恩(キム・ジョンウン)支持を表明したのはこうした状況と関連するという分析だ。

  中国の別の消息筋はこれと関連して、哀悼電報に「金正恩同志の指導の下に」という表現が入れられたのは北朝鮮の要求に従ったものだと明らかにした。この消息筋は、「中国指導部は当初、“金正恩”の代わりに“朝鮮労働党中央委員会”と表現する計画だったが、電報の文言と関連した中朝実務接触の過程で北朝鮮が金正恩の名前を盛り込むことを強く要請した」と話した。これは中朝両国が金正恩後継体制と関連して緊密に協力していることを表わすものという分析だ。

  20日には胡錦涛中国国家主席、呉邦国全人大常務委員長、李長春政治局常務委員、習近平国家副主席が北京の北朝鮮大使館を訪れ弔問したと中国メディアが報道した。

  中国の素早い動きは金総書記の脳卒中の症状が起きた2008年夏以後に中国が北朝鮮の非常状況に多角的に備えてきたという点を示唆する。金総書記に対する中国の迅速な弔意の表示と金正恩後継体制に対する支持は北朝鮮への影響力を拡大するためのものという分析も出てきている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事