女優チェ・ジウ、ドラマ『世界で最も美しい別れ』で繊細な演技…視聴者の涙腺を刺激

女優チェ・ジウ、ドラマ『世界で最も美しい別れ』で繊細な演技…視聴者の涙腺を刺激

2017年12月18日14時59分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のチェ・ジウ(写真=tvNドラマ『世界で最も美しい別れ』)
  女優チェ・ジウが涙の演技でその真価を証明した。

  tvNドラマ『世界で最も美しい別れ』が17日、第4話を最後に感動の幕を下ろした。

  このドラマで、チェ・ジウはいつもは感情表現がやや苦手だが、誰よりも家族と母親のために行動する長女ヨンス役を演じて好評を受けた。

  劇中、チェ・ジウは母親のインヒ(ウォン・ミギョン扮)のがん診断の事実を知り、辛く悲しい別れを準備する娘ヨンスの姿を繊細に表現して視聴者の涙を誘った。ロマンスドラマではなく、深い家族愛から出た涙ということで、さらに幅広く深みを帯びたチェ・ジウの演技スペクトラムを確認することができた。

  特に母親の健康状態を家族が知ってしまったドラマの中盤から後半、内容がピークを迎えてチェ・ジウの存在感は光を放った。母親との離別が現実に近づいた第4話で、チェ・ジウ扮するヨンスはこれまで母親に何もしてあげられなかったことを後悔し、愛で報いようと努力した。

  母親の姿に涙を押さえられない弟のジョンス(チェ・ミンホ扮)にはあたたかく明るく「泣くのはやめよう」「私たち、頑張って暮らしていこう」と話し、家族の支え役を買って出た。

  母娘の最後の対話シーンは特に視聴者の胸を打った。「母さんが、ヨンスのことを愛していることは知ってるでしょう」という母親の言葉にヨンスは「私も母さんのことを愛している」と答えた。懸命に平常心を保とうとしていたヨンスは、母親の抱擁に結局涙をこぼし、視聴者の頬を涙で濡らした。

  同作は21年ぶりの名作リメークであり、華やかなキャスティングで開始前から注目されていた。チェ・ジウをはじめ、出演陣の豊かな演技力でドラマの完成度を高めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事