<日本人韓流ファン失踪>垂れ幕掲げビラも配り…女性団体も乗り出す

<日本人韓流ファン失踪>垂れ幕掲げビラも配り…女性団体も乗り出す

2011年01月14日12時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  13日午後4時、江原道江陵市注文津邑(カンウォンド・カンヌンシ・チュムンジンウプ)の注文津灯台前の海岸。昨年1月に失踪した棚橋えり子さん(59)の足跡を探しにきた娘の棚橋まどかさん(39)とひなとさん(29)の姉妹は意外な人と出会った。彼女たちがここに来るとの知らせを聞いた注文津女性団体協議会のキム・セヨン会長(47)と6人の会員だった。キムさんは姉妹の手を握り、「お母さんはどこかに必ず生きている。関心を持ち続けお母さんが見つかるよう努力したい」と慰労した。姉妹も何度も韓国語で「コマッスムニダ(ありがとう)」と感謝の意を伝えた。長女のまどかさんはこの辺りの波の高さについて尋ね、「ときどき大波がある」というキムさんの説明に、「私たちも海岸に住んでおり事情はよくわかる」と答えた。

  注文津女性団体協議会はこの日、「韓国で失踪した日本人韓流ファンを捜しています」という垂れ幕も掲げた。垂れ幕には棚橋さんの写真と人的事項もともに掲載した。協議会の会員らは姉妹から20枚のビラを手渡され、周辺の商店街などを回った。キムさんはビラをさらに作成し、灯台周辺の刺身屋を中心に配布して棚橋さんを捜すと姉妹と約束した。注文津邑も同じ内容の垂れ幕を中央灯台前の海岸に掲示した。

  江原道の李光宰(イ・グァンジェ)知事がツイッターで「えり子さんを捜してほしい」と書き込むと、ネットユーザーから熱い反応が返ってきた。100人以上がこの内容を自身のツイッターに転載し広めた。「きっと見つかることを願ってます」(@4the9time)、「早く帰ってきますように」(@blackbeanjelly)、「だれにとっても家族は大切な存在です。どうか早く会えますように」(@girugi0312)、「どうか無事に家族のもとに帰ってくることを祈ります」(@sangmin-jung)など、ツイートで広まりながら母子の再会を祈った。

  江原道は13日、えり子さんを捜す垂れ幕5枚を作成した。垂れ幕は14日に南怡島(ナミソム)と江陵、束草(ソクチョ)、三陟(サムチョク)などに掲示する計画だ。江原道は道庁ホームページの公示欄とイントラネット、ブログなどにえり子さん捜しを呼びかける内容の文を掲載した。道内の市・郡のホームページと1月に発行される各自治体の広報紙にも掲載することで話し合った。14日には江原道内10地域のローカル新聞にえり子さん捜しに協力を求める計画だ。江原道のチェ・ジュンフン広報官は、「えり子さんを捜すためにできるすべてのものを動員したい」と話している。

  情報提供を待っています。ソウル・江南警察署刑事課(02-3497-3037)、江原道庁広報室(033-249-2032)、中央日報事件社会部(justice@joongang.co.kr)

【ホットクリック】

・韓国漁船の船長、日本EEZ侵犯認める
・俳優オ・ゴンウさんが交通事故で死亡
・韓国人学生110人、フィリピンで7日間抑留
・訪日のゲーツ米国防長官「米戦闘機の購買を」
・<日本人韓流ファン失踪>垂れ幕掲げビラも配り…女性団体も乗り出す
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事