「慰安婦被害を知らせる」…映画『鬼郷』チームが米少女像除幕式へ

「慰安婦被害を知らせる」…映画『鬼郷』チームが米少女像除幕式へ

2017年09月21日08時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サンフランシスコに設置される中国人、フィリピン、韓国人の少女像(左)とこれを見つめるおばあさんの像。
  映画『鬼郷』チームが米サンフランシスコに行く。旧日本軍慰安婦被害者の名誉・人権回復のための約束『鬼郷、終わらない物語』が公開後に観客に会う中、チョ・ジョンレ監督と出演女優ホン・セナが旧日本軍慰安婦被害問題を知らせるために米サンフランシスコ少女像の除幕式に出席する予定だ。

  22日に米サンフランシスコで少女像の除幕式が開かれる。今回の除幕式にはチョ・ジョンレ監督とホン・セナ、そして慰安婦被害者共同生活施設「ナヌムの家」の安新権(アン・シングォン)所長、旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが出席、映画『鬼郷、終わらない物語』を上映する。マイク・ホンダ元米連邦下院議員をはじめとする関係者らも除幕式を輝かせる予定だ。

  旧日本軍慰安婦映像証言集『鬼郷、終わらない物語』は、2016年に公開された話題作『鬼郷』のビハインドストーリーと「ナヌムの家」が提供した旧日本軍慰安婦被害者の証言の映像を加えて制作された。

  サンフランシスコに設置される少女像は中国人、フィリピン、韓国人の少女と3人の少女を眺めるおばあさんの姿を形象化した作品だ。

  この銅像を制作した英国系米国人彫刻家スティーブ・フィートさんは旧日本軍慰安婦問題が特定の国の問題でなく人類の普遍的な人権問題という点を表すと同時に、言葉では表現できない苦痛を経験しながらも沈黙を破って真実と政治を促す勇気ある女性の姿を「強靭な慰安婦女性の柱」という名で作品に込めた。

  外側に向いて立ちながら手を取り合う少女を眺めているおばあさんは、旧日本軍慰安婦問題を最初に証言した故金学順(キム・ハクスン)さんの姿を表している。今回の少女像は日本政府と日本人の反対にもかかわらず決議案発議から2年でサンフランシスコの中心部セントメリーススクエアに設置されることになり、その意味は大きい。

  特にチョ・ジョンレ監督は『鬼郷、終わらない物語』と英文資料集を通じて除幕式でも旧日本軍慰安婦問題を知らせることに努力する考えだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事