論議を呼んだ訪韓ハリウッド俳優の合掌あいさつ…過去にはどんなハプニング?

論議を呼んだ訪韓ハリウッド俳優の合掌あいさつ…過去にはどんなハプニング?

2018年04月18日15時19分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2011年に韓国を訪問したハリウッド俳優リチャード・ギアが韓国の僧侶とあいさつしている。
  11日、映画アベンジャーズシリーズの最新作を広報するため来韓したハリウッド俳優ベネディクト・カンバーバッチが仏教式の合掌あいさつで論議を呼んだ中、過去に訪韓したハリウッドスターのハプニングが話題になっている。

  2011年に写真展「巡礼の道」の広報のために初めて訪韓したリチャード・ギアは記者会見中、「死刑と拷問がチベットにある中国の監獄で行われている」と突発発言した。写真展の主催側は記者会見の前、韓国の記者らに「いかなる政治的な質問もしないでほしい」と要求したが、リチャード・ギア本人が政治的な発言をしたのだ。リチャード・ギアはチベットの精神的指導者ダライ・ラマの代弁者を自負しながら、中国政府のチベット仏教に対する弾圧を西欧社会に知らせてきた。

  2009年にはハリウッド俳優が韓国を「敵対国」と表現して物議をかもした。映画『トランスフォーマー/リベンジ』の主演俳優として映画広報のために訪韓したシャイア・ラブーフが放送中に韓国を「敵対国」と表現した。シャイア・ラブーフは米国のあるトーク番組に出演し、「私たちは世界を回って広報をしたが、ドイツ、韓国、ロシアなどすべての敵対国にまで行った」と発言し、韓国国民のひんしゅくを買った。

  有名なハリウッド俳優キアヌ・リーブスは過度な警護で批判を浴びた。2008年に映画『フェイクシティ ある男のルール』広報のため訪韓したキアヌ・リーブスは一部の過激な韓国ファンを心配して、すべての訪韓日程を非公開で進めることを韓国輸入会社に要請した。キアヌ・リーブスは韓国入国当時、ゲートを変え、1時間以上も待っていた韓国のファンを無視したりもした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事