<韓半島最大規模地震>韓国には国レベルの断層地図がない(1)

<韓半島最大規模地震>韓国には国レベルの断層地図がない(1)

2016年09月14日09時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  マグニチュード5.8の慶州地震が12日に発生した後、13日午後8時までマグニチュード2.0を超える余震が278回も続いた。今回の慶州地震は気象庁が1978年に計器観測を始めて以来、規模だけでなく余震の回数でも過去の記録を更新した。地震活動は一連の地震で表れる。このうち最も規模が大きい地震を「本震」、本震の前に発生する地震を「前震」、本震の後に続く地震を「余震」という。慶州地震で本震はマグニチュード5.8の地震だ。

  キョン・ジェボク韓国教員大地球科学科教授は「韓国ではその間、前震がほとんど表れなかった。今回の地震は活性断層で岩石が1次で破壊した後に前震が発生し、2次で大きく破壊しながら本震が発生したと見るべき」と説明した。余震が続いたのは岩石が少しずつ破壊する過程が続いているためと解釈した。

  慶州地震は海でなく内陸で発生した。「梁山断層」という活性断層によるものだ。断層とは地層に割れ目が生じたものをいう。活性断層とは地震が発生したり発生する可能性がある断層をいう。

  では、余震はどれほど続くのか、より強力な地震が発生することもあるのか。余震の持続性に関し、ソン・ムン釜山大地質環境科学科教授は「地震のパターンは非常に多様であり、予測が難しい。地球の内部で凝縮された応力が解消されるのに長い時間がかかり、場合によっては余震が1、2年続いたりもする」と話した。予測が容易ではないということだ。

  高允和(コ・ユンファ)気象庁長は13日に開かれた政府・与党会議で「マグニチュード6.0序盤の地震はいつでも発生する可能性がある。6.5以上の大きな地震が発生する可能性は現在のところ低い」と述べた。日本気象庁も韓半島(朝鮮半島)で6以上の地震発生の可能性を警告している。このように見ると、慶州級またはそれ以上の強い地震が発生することも考えられる。

  一部の専門家は日本で発生した地震が韓半島の活性断層を刺激することもあると分析している。キム・ヨンソク釜慶大地球環境科学科教授は「東日本大地震と熊本地震のエネルギーが韓半島まで伝わることも考えられる。この場合、韓半島西側のユーラシアプレートと東側の太平洋プレートが衝突して地震が発生することもある」と説明した。

<韓半島最大規模地震>韓国には国レベルの断層地図がない(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事