文大統領、平壌に特使派遣へ…非核化の突破口に?

文大統領、平壌に特使派遣へ…非核化の突破口に?

2018年09月01日09時19分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が5日、平壌(ピョンヤン)に特別使節団を送る。現政権に入って2回目となる。トランプ米統領が先月24日(現地時間)、ポンペオ国務長官の4回目の北朝鮮訪問を中止した後、非核化交渉が膠着して9月の南北首脳会談が遅れる可能性まで提起される状況を打開するため政府が決断したと解釈される。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は31日、「きょう午前10時30分ごろ北側に電話通知文を送り、9月5日に文大統領の特使を派遣すると提案したところ、北側は午後に特使を受け入れるという内容の回答を送ってきた」と明らかにした。続いて「特使は▼南北首脳会談の具体的な開催日程▼南北関係の発展▼韓半島(朝鮮半島)非核化および平和定着--を幅広く協議する予定」と説明した。南北は先月13日の4回目の高官級会談で、9月中の平壌(ピョンヤン)首脳会談開催には合意したが、具体的な日程は決めていなかった。

  対北朝鮮特使団の構成に関し、金報道官は「まだ決定したことはなく、もう少し議論が必要」と伝えた。3月には団長の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長のほか、徐薫(ソ・フン)国家情報院長、千海成(チョン・ヘソン)統一部次官、金相均(キム・サンギュン)国家情報院第2次長、尹建永(ユン・ゴンヨン)青瓦台国政状況室長の5人で構成された。連続性を考慮して今回も似た構成になるという観測と同時に、一部が交代するという見方も出ている。任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長または文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特補の北朝鮮訪問の可能性も提起されている。

  具体的な北朝鮮訪問日程についても「誰に会うのか、どれほど滞在するかなどは今後決定されしだい発表する」とのみ答えた。3月の北朝鮮訪問当時の特使団は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と会談した。政府関係者は「大統領が特使団を送るので金委員長に会うだろう」と話した。

  この時期に特使団の派遣を決めた背景について、金報道官は「ポンペオ長官の訪朝延期後(南北は)対話を継続してきたが、その対話の結果が南北首脳会談のための特使派遣」と明らかにした。高官級会談の開催でなく特使団派遣を決めた理由については「重要な時期に南北首脳会談が開かれるだけに、南北がより緊密で濃度な会談をするため特使が平壌に行くことになった」と説明した。政府当局者は「高官級会談を通じて意見を交換する場合は時間がかなり必要となり、首脳な立場を伝えるには限界がある」とし「最近、北が南北対話に消極的な雰囲気であり、新しい突破口が必要でもあった」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事